このページをシェアする
新築注文住宅の外観デザインを解説!おしゃれなハウスメーカー5社もご紹介

家づくりを考えたとき、住宅性能や保証などはもちろん重要ですが、外観にもしっかりこだわりたいですよね。
住宅性能や保証などと同様、理想の外観をイメージすることは非常に大事なこと
外観に自分の好みを反映させることで、住み始めてからの高い満足度や、プランニング中のモチベーション維持にもつながります。

しかし、近年では住宅の外観デザインは多様化しており、種類もさまざま
そこで今回は、住宅の外観デザインについて、以下のポイントを解説します。

この記事を読んだらわかること!

  • 家の外観デザインの種類
  • 外観デザインの決め方
  • 外観デザインを決めるうえでの注意点と失敗例
  • おしゃれな外観デザインが得意なハウスメーカー

ハウスメーカーや工務店にはそれぞれ得意なデザインがあります。
住宅の外観デザインの種類や決め方を知り、理想のイメージを固めておくことで、のちのハウスメーカー選びもスムーズに進みますよ。
ぜひ最後までご覧いただき、理想のマイホーム像をイメージしてみてください。

※本記事の内容は、2021年10月29日時点の情報です。

はじめての注文住宅で不安」「ハウスメーカー選びが大変そう」という方は、本記事をご覧になった上で、「HOME4U 家づくりのとびら」で、「自分にあったハウスメーカー」について相談してみることをおすすめします。
HOME4U 家づくりのとびら」は、ハウスメーカー出身で経験豊富なアドバイザーが【中立・客観的】な立場で「はじめての家づくり」をオンラインで無料サポートしています!
さらにご要望に応じて、あなたにあったハウスメーカーをご案内。ご予算や土地に関するご質問も受け付けています。
HOME4U 家づくりのとびら」を通して、「自分にあったハウスメーカー」を見つけてみてはいかがでしょうか。

1.注文住宅の外観デザイン7種

注文住宅の外観デザインは、大きく以下の7種類に分けることができます。

のちの「4.【画像付き】おしゃれな外観が人気の注文住宅ハウスメーカー5選」では、実際に上記デザインを得意とするハウスメーカーをイメージ写真とともにご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

それでは1つずつデザインの特徴を見てみましょう。

1-1.シンプルモダン

1-1シンプルモダン

シンプルモダンとは、装飾や形状を極力すっきりさせ、使用する建材の素材感を生かしたデザインです。
デザインの流行すたりに左右されないため、幅広い年齢層から人気があり、複雑な造りであるため、住み始めてからのメンテナンスも楽な点がメリットといえます。
永くデザインに飽きない家づくりをしたい方や、いずれは子世帯に家を譲りたいという方にはおすすめです。

1-2.ナチュラル(木目調)

1-2.ナチュラル(木目調)

ナチュラルとは、温かみのある自然素材をふんだんに使用することで、優しい空間を演出するデザインです。
ナチュラルなテイストが得意なハウスメーカーは、木にこだわった家づくりを行ってくれるケースが多く、住み始めてからの家族の健康や環境問題に関心のある方にはおすすめのデザインといえます。

1-3.エレガント

1-3.エレガント

エレガントとは、高級感と上品さを兼ね備えたデザインで、色使いや形状は優雅で柔らかい印象です。
白色や木色など落ち着いたカラーのクラシカルな家具が似合い、シャンデリアやスタンドランプといった照明を配置するとより雰囲気のあるテイストになります。
暮らしの中に優美で洗練された空間を求める方にはおすすめです。

1-4.プレーリー

1-4.プレーリー

プレーリーとは、四方に傾斜する屋根の勾配を緩やかに設計し、全体的に水平が意識された横基調のデザインです。
深い庇(ひさし)も特徴的で、庇が深いと夏の直射日光は遮り、冬の太陽光は室内の奥まで取り込むことができます。
和風のような温もりと、平屋のような開放感を演出することができ、落ち着きのある外観が好みの方におすすめです。

1-5.和モダン

1-5.和モダン

和モダンとは、畳や縁側、土間などの伝統的な空間がありながらも、現代のライフスタイルになじむデザインです。
和風の家ならではの雰囲気の中に今風のおしゃれなデザインを織り交ぜたものが多いです。
趣のある「和」の空間を演出しながらも現代的な要素を取り入れたい方におすすめです。

1-6.洋風

1-6.洋風

洋風とは、南欧風、アメリカン(カントリー)、ブリティッシュなど、外国の住宅デザインを取り入れたデザインです。
海外に寄せたデザインとはいえ、あくまで日本のライフスタイルに合わせた設計が多いので、「暮らしにくい」ということは少ないでしょう。外国の暮らしに憧れる方にはおすすめのデザインです。

1-7.北欧

1-7.北欧

北欧とは、その名の通り、北欧・スウェーデンの住宅デザインを取り入れたデザインです。
洋風デザインよりもシンプルな形状であることが多く、2色の異なる色同士を組み合わせたツートンカラーでデザインさせることが多いです。シンプルな形状なので、メンテナンスしやすい点にも定評があります。
北欧雑貨や北欧ブランドが好きな方におすすめのデザインです。

以上が、家のデザイン7種です。
お好みのデザインは見つかりましたか?「HOME4U 家づくりのとびら」なら、ハウスメーカーの実際の商品カタログを見ることができるので、より鮮明にデザインをイメージしながら好みのデザインを見つけることができます。

専門アドバイザーに要望を伝えれば、あなたの希望を満たすハウスメーカーの案内もしてくれるので、自分で情報収集をする手間が省け、効率的にハウスメーカーを見つけることができるので便利です。
ご相談は完全無料なので、ぜひお気軽にご利用ください。/

【必見】自分の希望にあった
ハウスメーカーを探したい方へ

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談がおすすめ!

  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • ハウスメーカー出身アドバイザーに聞ける 注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】でご説明、ご相談にのります。
  • かんたんに自宅から相談できる スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

【無料】相談する時間を選ぶ

何が相談できるか詳しく見る

2.注文住宅の外観の決め方は?

いざ外観デザインを決めていこうと考え出すと、何から決めていけばよいかわからなくなりますよね。
ここでは注文住宅の外観の具体的な決め方を、6つのステップに分けてお伝えします。

次から1つずつ見ていきましょう。

2-1.デザインイメージを絞り込む

まずは、1章でご紹介したデザインの種類から、大まかな理想のデザインイメージをつかみましょう。外観デザインによって間取りや設備も変わってくるので、最初に固めておきます
ここで注意すべき点は、自分の意思だけでなく、同居する家族の意見も聞いてしっかり話し合うこと。ネットやパンフレットから気になる外観デザインの写真を集め、全員が理想のイメージを具体的に共有できるよう準備しておくとよいです。

2-2.おおまかな形状を決める

デザインイメージを固めた時点である程度住宅の形は絞れてきますが、さらにL字型やコの字型、I字型、平屋、3階建てなど、の詳細な形状も決めていきます
特に、屋根は外観の印象を大きく決める要素の1つです。屋根の種類を一部まとめたのでチェックしてみてください。

屋根の種類 特徴
切妻(きりづま)屋根 もっとも定番で、屋根頂上から下方へ伸びる2面の屋根
寄棟(よせむね)屋根 プレーリーに採用されることが多い、四方から寄せて支え合う頑丈な屋根
入母屋(いりもや)屋根 切妻屋根と寄棟屋根の構造を併せ持つ複座な構造の屋根
片流れ屋根 シンプルモダンに採用されることが多い、切妻屋根の片方を切断したような形状の屋根
方形(ほうぎょう)屋根 正方形の家に採用されることが多い、1点の頂点から四方へ同じ角度で伸びるピラミッド型の屋根

どのような屋根が可能なのかは、大まかな外観デザインのイメージによっても左右されますが、屋根にも複数種類があり、特徴が異なることは押さえておきましょう。

2-3.メインとなるカラーを1~2色選ぶ

外観の色も、住宅の印象を大きく左右する要素です。
白系なら明るい印象、黒系やブラウン系なら高級感のある印象、ベージュ系なら落ち着いた印象になります。メインカラーを選ぶ際には、自分の好みだけを考えるのではなく、白系やベージュ系はどちらも汚れが目立ちやすく、個性的な色は近隣の住宅から浮いた印象になってしまうなど、予測されるデメリットにも考慮して決めるとよいです。

外観の色合いを決める際には、後述の「3-1.なるべく大きなカラーサンプルを確認する」 「3-2.メンテナンスを考慮して選ぶ」で注意点もチェックしておきましょう。

2-4.外壁の素材を決める

外壁の素材によっても外観イメージは変わり、種類や特徴もさまざまです。
住宅の外壁の種類は、例えば以下のようなものがあります。

外壁の種類 特徴
サイディング
  • セラミック、セメント、金属などを使った壁材
  • 幅広いデザインに対応
  • 費用が安い
外壁タイル
  • 石、土、粘土などを高温で焼いて固めた壁材
塗り壁
  • 土、セメントなどを使って手仕事で塗られる壁

取り扱う壁材はハウスメーカーによって異なるので、ハウスメーカーを調べる際にはチェックしておくとよいです。
外壁の素材を選ぶ際の注意点は、後述の「3-2.メンテナンスを考慮して選ぶ」を参考にしてください。

2-5.窓の配置を決める

次に、窓の配置を決めます。窓の配置は家全体の印象はもちろんですが、室内への採光のポイントにもなるので、方角や高さなどにも注意して決めるとよいです。
ちなみに、最近では縦長の窓や、「はめ殺し窓」ともいわれるFIX窓がおしゃれで人気です。
縦長の窓は外から家の中が見えにくいので防犯面にもメリットがあります。
FIX窓は開閉ができない窓を指し、シンプルなデザインと採光や気密性、防犯性に優れている点がメリットです。

2-6.照明や植栽などを決める

仕上げに、照明や植栽を決めます。
照明を効果的に配置できれば、昼と夜とで印象を大きく変えることができ、2つの印象を楽しむことができますよ
例えば、門周りにあたたかい灯りの照明を設置すれば、帰るたびに安心する家づくりができます。
シンボルとなるような植栽を飾れば、より一層見た目が華やかになります。

以上が注文住宅の外観の決め方ですが、自分のこだわりが予算内におさまるか気になる方も多いことでしょう。
HOME4U 家づくりのとびら」なら注文住宅の資金計画をシミュレーションすることができます。節税の方法や住宅ローンについても解説してくれるので、はじめての家づくりにはピッタリ。
ご利用は無料なので、ぜひ一度ご相談ください。

【必見】家づくりの流れ、
費用・相場を知りたい方へ

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談がおすすめ!

  • 資金計画の考え方がわかり、相談できる 注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】で資金計画の考え方をご説明。住みたいエリアの坪単価などもお調べします
  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • かんたんに自宅から相談できる スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

【無料】相談する時間を選ぶ

何が相談できるか詳しく見る

3.注文住宅の外観で後悔しないために…失敗例から学ぶ注意点

せっかくこだわりの家づくりをするのなら、避けられるミスは避け、なるべく後悔のないマイホームにしたいですよね。
ここでは注文住宅の外観決めで失敗した人の例を見ながら、外観デザインで注意しておきたいポイントを確認しておきましょう。

それぞれ詳しくお伝えします。

3-1.なるべく大きなカラーサンプルを確認する

外壁の色を決める際には、小さなカラーサンプルではなく、できるだけ大きなカラーサンプルを確認するか、実際に立っている家で同じカラーの家を確認するようにしましょう。

実際にメインカラー選びで後悔した例

室内で見るカラーサンプルとのギャップにびっくり!

室内でカラーサンプルを見たときは「これだ!」と即決したのですが、いざ完成した家を見てみると、全く違う印象になっていて愕然。太陽に照らされたときの色や曇りの日の色も全然違って、がっかりです。

小さなカラーサンプルだと、実際に大きな家の壁になったときのイメージが付きづらいです。
実際の家で色味を確認する場合は、新築住宅が立ち並ぶ住宅街を散歩したり、住宅展示場でモデルハウスを見学したりするとよいです。

住宅展示場を見学する際には、ある程度下準備をして行くのがおすすめ。
HOME4U 家づくりのとびら」なら、元ハウスメーカーの専門アドバイザーが住宅展示場見学のコツや、ハウスメーカーの下調べをサポートしてくれるので便利です。
ご予約から最短2時間で無料相談サービスが受けられるので、ぜひお気軽にご利用ください。

3-2.メンテナンスを考慮して選ぶ

外壁は素材や色によって、色褪せや汚れやすさが異なるので、住み始めてからのメンテナンスも考慮した素材選びを心がけるとよいです。

実際にメンテナンスを考慮しないで後悔した例

高級感のある黒い家は汚れが目立つ…?

黒色をベースとした高級感のある外観をめざしてマイホームを建てたけど、この前の台風で一気に汚れてしまった。白は汚れが目立つから避けていたけど、実は黒色も目立つということがよく分かった。

色味でいうと、人気の白系や、高級感のある黒色は、雨風による汚れや経年劣化がよく目立つのがデメリットです。
ほかにも、壁材にサイディングを採用すると、目地に汚れがたまりやすかったり、西側から日が当たる立地だと、壁の色褪せが目立ったりする場合があります
将来的なメンテナンスのことも考慮しながら選ぶとよいでしょう。

3-3.クラックや隙間が発生しないよう考慮する

住宅の外観に凹凸があると、「クラック」と呼ばれるひび割れや隙間が発生しやすくなります。
そこには、ゴミが溜まったり、外からの空気が室内に入ったりする原因にもなります。

実際にクラックや隙間が発生して後悔した例

まだまだ新築なのに、もうひび割れが!?

おしゃれなマイホームにあこがれてこだわりのマイホームを完成させたのに、コンクリート外壁にもうひび割れ発見!地震も多いし、メンテナンスが必要な気がするけどお金もない…。困りました。

コンクリートやモルタルといった素材は、乾燥からクラックが発生しやすいというデメリットがあります。
対策としては、目立たない場所に「V目地」や「型枠目地」といった目地を入れるとよいです。
こちらもハウスメーカーの営業担当者にしっかり相談しながら、それぞれの住宅プランにあった対策を提案してもらいましょう。

また、「HOME4U 家づくりのとびら」の無料相談サービスなら、注文住宅に詳しい専門アドバイザーが外壁の素材について詳しく説明してくれるのでおすすめです。

3-4.建物だけで判断しない

住宅の外観は、つい単体で考えてしまいがちですが、住みたいエリアの街並みと合うかどうかも重要です。
もちろん自分の好みを追い求めることは大事ですが、街並みにマッチした家でないと街の雰囲気から浮いてしまい、「イメージと違う」ということにもなりかねません。

実際に建物デザインだけ考えて後悔した例

こだわりのマイホームがご近所で噂の「個性的な家」に…

水色が好きなので、色にとことんこだわりましたが、周辺の住宅はシンプルでスタイリッシュな家ばかり。ほかのエリアだと浮くことはなかったんだろうけど、今のご近所では「個性的」で有名な家になってしまいました。

街並みとの調和を考えてこそ、家へのこだわりは魅力につながります。
こだわりを引き立てるためにも、計画地に家が建ったときのイメージはしっかり持っておいたほうがよいでしょう。

以上が注文住宅の外観で失敗しないための注意点です。
このような失敗を避けるためにも、家づくりはプロに相談しながら進めることをおすすめします。

HOME4U 家づくりのとびら」なら、注文住宅のプロがあなたに合ったアドバイスをしてくれるので安心。
「まだイメージが固まっていない」「なんとなく好みはあるけど家の外観となるとわからない」という方も、ぜひ一度相談してみてください。
ご利用は完全無料。以下のカレンダーから空いている時間に予約するだけで、オンラインから簡単操作で相談サービスを受けることができます。

【無料】相談する時間を選ぶ

仕事の休憩時間に、育児の合間に、予定がなくなったときなど、ぜひお気軽にご相談ください。

【必見】自分の希望にあった
ハウスメーカーを探したい方へ

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談がおすすめ!

  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • ハウスメーカー出身アドバイザーに聞ける 注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】でご説明、ご相談にのります。
  • かんたんに自宅から相談できる スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

【無料】相談する時間を選ぶ

何が相談できるか詳しく見る

4.【画像付き】おしゃれな外観が人気の注文住宅ハウスメーカー5選

ここでは、実際に外観デザインがおしゃれなハウスメーカーを5社ご紹介します。

ハウスメーカー名 得意なデザイン 対応可能なプラン
積水ハウス
  • シンプルモダン
  • プレーリー
  • 和モダン
  • 洋風 など
  • 平屋
  • 2・3・4階建て など
ミサワホーム
  • シンプルモダン
  • プレーリー
  • 和モダン
  • 洋風 など
  • 平屋
  • 2・3階建て
  • 二世帯住宅 など
三井ホーム
  • シンプルモダン
  • エレガント
  • プレーリー
  • 和モダン
  • 洋風 など
  • 平屋
  • 2・3・4階建て
  • 賃貸併用住宅
  • 店舗併用住宅
  • 多世帯住宅
  • 別荘・リゾート
  • ビルトインガレージ など
大和ハウス工業
  • シンプルモダン
  • プレーリー
  • 和モダン
  • 洋風 など
  • 平屋
  • 2・3・4・5階建て
  • 賃貸併用住宅
  • 店舗併用住宅
  • 医院併用住宅 など
スウェーデンハウス
  • 北欧 など
  • 平屋
  • 2階建て
  • 医院併用住宅
  • 店舗併用住宅 など

※プランにより異なる

なお、施工エリアに関しては各ハウスメーカーのホームページやパンフットには公開されていないことが多いです。
住宅展示場への出店エリアは掲載されていることが多いので、そちらを参考にするとよいでしょう。
または、「HOME4U 家づくりのとびら」でも案内可能なので、ぜひご利用ください。

それでは次から各ハウスメーカーの特徴を解説していきます。

4-1.積水ハウス


積水ハウス

積水ハウスは創業以来、240万戸以上の実績がある大手ハウスメーカーで、阪府大阪市に本社があります。

得意なデザイン
  • シンプルモダン
  • プレーリー
  • 和モダン
  • 洋風 など
対応可能なプラン
  • 平屋
  • 2・3・4階建て など

※プランにより異なる

高級感のある高性能なオリジナル外壁

積水ハウスでは独自開発の外壁「ダインコンクリート」を採用しており、「100年暮らせる住まい」を提案しています。
コンクリートのメリットである優れた強度はそのままに、これまで一般のコンクリートでは難しかった高いデザイン性が魅力の外壁です。
ハンドメイドによる緻密な作業で味わい深いテクスチャーを実現しているため、高耐久かつデザイン性の高い壁を採用したい方にピッタリです。

引用元:積水ハウス 公式HP

4-2.ミサワホーム


ミサワホーム

ミサワホームは中2階に収納空間のある「蔵のある家」で有名なハウスメーカーで、収納力や設計力にも定評があります。

得意なデザイン
  • シンプルモダン
  • プレーリー
  • 和モダン
  • 洋風 など
対応可能なプラン
  • 平屋
  • 2・3階建て
  • 二世帯住宅 など

※プランにより異なる

スタイリッシュな3つのフォルムデザインを用意

スタイリッシュなデザインが特徴的なミサワホームでは、フォルムデザインを「線の美」「陰影の美」「面の美」の3プラン用意しています。
「線の美」は空と住宅の境界線がフラットルーフによって際立つデザインで、縦に伸びる「SQUARE壁面」や、1階部分の縦格子ルーパーなどが個性的です。
「陰影の美」は2階の軒や、1階の軒下空間の影が住宅に奥行きをつくり、日の当たる部分との美しいコントラストを演出したデザインです。
「面の美」は2解のバルコニーと1階部分の縦格子ルーパーを1つの面のように設計することで、シンプルかつ存在感のあるデザインになっています。

引用元:ミサワホーム 公式HP

4-3.三井ホーム


三井ホーム

三井ホームは、レンガや石材などにハイグレードな素材を多用しているため、本物志向の方におすすめのハウスメーカーです。

得意なデザイン
  • シンプルモダン
  • エレガント
  • プレーリー
  • 和モダン
  • 洋風 など
対応可能なプラン
  • 平屋
  • 2・3・4階建て
  • 賃貸併用住宅
  • 店舗併用住宅
  • 多世帯住宅
  • 別荘・リゾート
  • ビルトインガレージ など

※プランにより異なる

可愛いらしさと耐久性を兼ね備えた本物志向の家

三井ホームは、一般的な2階建て住宅や3・4階建て、平屋はもちろん、賃貸併用住宅や店舗併用住宅、多世帯住宅、別荘・リゾートハウスなど特殊な家づくりにも対応しており、いずれも高級感がありながらどこか可愛らしさのあるデザインテイストが人気です。
外壁には耐久性に優れた「BSウォール」を採用しており、壁の内外からの湿気を徹底的に遮断します。

引用元:三井ホーム 公式HP

4-4.大和ハウス工業


大和ハウス工業

大和(ダイワ)ハウス工業は大空間設計が得意なハウスメーカーで、天井の高さや室内に極力柱を設けない設計にすることで、限られた面積でもゆとりある間取りを実現しています。

得意なデザイン
  • シンプルモダン
  • プレーリー
  • 和モダン
  • 洋風 など
対応可能なプラン
  • 平屋
  • 2・3・4・5階建て
  • 賃貸併用住宅
  • 店舗併用住宅
  • 医院併用住宅 など

※プランにより異なる

デザインバリエーション豊富な保証付きの外壁を用意

住宅商品「xevo ADVANCE」の外壁は、15年と30年の2種類から選べる防水初期保証付き。
デザインは、「バルケットクラフ柄」「バヴェミュール柄」「レーテストーン柄」「シェラロック柄」などさまざまな柄から選ぶことができ、デザイン性にも耐久性にも安心して任せることができます。

引用元:大和ハウス工業 公式HP

4-5.スウェーデンハウス


スウェーデンハウス

スウェーデンハウスは、その名のとおり、北欧・スウェーデンの輸入住宅を扱っているハウスメーカーです。

得意なデザイン
  • 北欧 など
対応可能なプラン
  • 平屋
  • 2階建て
  • 医院併用住宅
  • 店舗併用住宅 など

※プランにより異なる

スウェーデン住宅のメリットが詰まった北欧デザインの住宅

北欧デザインが得意なスウェーデンハウスですが、間取りや住宅設備に関しては、日本に合わせた快適なプランを提案してくれます。
また、世界に先駆けて高齢社会に対応したスウェーデン独自のバリアフリー基準を取り入れており、基本発想としてユニバーサルデザインを提案しています。
スウェーデン住宅のよさを存分に盛り込みながら、日本に合った快適な暮らしをかなえたい方におすすめです。

引用元:スウェーデンハウス 公式HP

以上が、デザイン性に優れたハウスメーカーでおすすめの5社です。
実際にハウスメーカーを選ぶ際には、住宅性能やアフターサービス・保証などにも着目して複数社比較することが大事です。
ハウスメーカーの選び方や、ほかのハウスメーカーの特徴については以下の記事も参考にしてみてください。

「自分に合うハウスメーカーがわからない」「もっと情報を集めたい」という方は、「HOME4U 家づくりのとびら」の無料相談サービスを利用してみてもよいでしょう。
専門アドバイザーがあなたの要望をヒアリングしたうえで、あなたにぴったりなハウスメーカーをご案内します。

厳選120社の優良ハウスメーカー・工務店から希望にマッチした企業をご案内します!

HOME4U 家づくりのとびらの提携優良企業
HOME4U 家づくりのとびらの提携優良企業

オンラインからたった1回の相談であなたに合ったハウスメーカーがわかるうえ、家づくりの資金計画のシミュレーションや、特殊な要望をかなえてくれるメーカーの案内も可能です。
例えば、「防音に特化した家がいい」「ビルトインガレージを付けたい」などの希望をかなえるハウスメーカーもご案内できます。
実際の住宅商品カタログを見ながら各ハウスメーカーの特徴をお伝えするので、より具体的にイメージしながら情報収集することができます。
しかも、切り出しにくいハウスメーカーへの「お断り代行」まで行うので、初めての注文住宅でも安心です。

実際にオンラインで相談された方の声

小さい子どもがいても、オンラインだから相談できた

小さい子供が3人。家づくりを始めたいけど、モデルハウスを子連れで何件もまわるのはとても無理…。とあきらめかけていたところ、「HOME4U 家づくりのとびら」を知りました。オンライン相談だから自宅でミルク休憩をとりながら、自分の理想をかなえてもらえそうなハウスメーカーさんを案内してもらえました。

自分で探したハウスメーカーだけだと不安になった

自分で資料請求したり、住宅展示場にいったりして探したハウスメーカーで検討を進めていたが、とんとん拍子で話が進んでいることに不安になって、相談。自分では「どこのハウスメーカー」が良いのか判断がつかず困っていたので、客観的なアドバイスがもらえた。案内してもらったハウスメーカーを追加で検討を始めました。

家づくりのとびら
オンライン相談サービスを詳しく見る

まとめ

注文住宅の外観デザインについて、種類や決め方、注意点、おすすめのハウスメーカーをご紹介しました。
家の外観デザインには、主に以下の7種類のデザインがあります。

  • シンプルモダン
  • ナチュラル(木目調)
  • エレガント
  • プレーリー
  • 和モダン
  • 洋風
  • 北欧

まずはこの中から好みのデザインを選び、順番に細かい部分を決めていきましょう。
デザインを細かく決めていく際には、自分の好みだけを反映させるのではなく、同居する家族の意見や、計画している街並みの雰囲気、メンテナンスなどにも考慮して決めるとよいです。

外観デザインで失敗しないために、「HOME4U 家づくりのとびら」といった無料サービスでプロに相談しながらプランニングすることもおすすめです。
住宅の性能や快適性の高さはもちろん重要ですが、せっかく計画を立てて建てるのだから、好みのデザインでより満足度の高マイホームにしたいですよね。この記事を参考に、理想のデザインの家を建ててください。

希望の住まいを建ててくれる
ハウスメーカーが見つかる!

ほとんどの方にとって、初めての家づくり。聞いたことのない専門用語に戸惑っている方も多いと思います。

そんな「何から進めていいのかわからない方」におすすめなのが「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスです。

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談でできること

  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • ハウスメーカー出身アドバイザーに聞ける 注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】でご説明、ご相談にのります。
  • かんたんに自宅から相談できる スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

厳選120社の優良ハウスメーカー・工務店から希望にマッチした企業をご案内します!

HOME4U 家づくりのとびらの提携優良企業

HOME4U 家づくりのとびら」を通して、「自分にあったハウスメーカー」を見つけてみてはいかがでしょうか。

【無料】相談する時間を選ぶ

何が相談できるか詳しく見る

この記事の編集者

「家づくりのとびら」編集部

NTTデータグループが運営する注文住宅相談サービス「家づくりのとびら」編集部です。難しい住まいづくりの情報を、わかりやすく正確にお伝えします。記事は不動産鑑定士や宅地建物取引士などの不動産専門家による執筆、監修記事がメイン。初めての住まいづくりをサポートします!

運営会社情報(NTTデータスマートソーシング)