【地鎮祭・上棟式・挨拶回り】費用とポイントをやさしく解説!

家を建てるときに執り行われる「地鎮祭・上棟式」。
地鎮祭は工事が始まる前に行うもので、上棟式は工事の途中に行います。
言葉は知っていても、実際にどのようなことをするのかイメージしにくいですよね。

家が建つまでの流れは次のようになります。

  1. ハウスメーカーの決定
  2. 建築プランの決定・工事請負契約
  3. 地鎮祭・挨拶回り
  4. 着工
  5. 上棟式
  6. 竣工
  7. 引っ越し挨拶

地鎮祭は、建物を建てる際に工事の安全と完成をお祈りする伝統的な儀式です。
「土地」を「鎮め」、ここに建物を建てることを土地の神様に挨拶し、承諾してもらう儀式です。
上棟式は、「棟上げ」まで工事が進んだことを感謝し、建物の完成を祈願する儀式です。
「棟上げ(上棟、あるいは建前)」というのは、建物の基本的な構造が完成し、家の一番高い場所に「棟木(むなぎ)」と呼ばれる木材を取り付けることです。
鉄骨造やツーバイフォー構造などでも、建物の骨組みが完成したときに上棟式を行うことができます。

これらは伝統的な儀式ですが、家を建てるときに必ず行わなければならないという義務的なものではありません
ハウスメーカーによっては、地鎮祭の費用が見積もりに含まれているケースもありますが、やるかやらないかは施主の判断で決まります
「行うのが当たり前」「家族の大切な思い出に」という考えの方もいれば、できればやりたくないという方もいるでしょう。
地鎮祭や上棟式は、略式から本格的な儀式まで内容は様々です。
最近では日程と費用の兼ね合いや、人々の意識の変化などから、地鎮祭だけを行って上棟式は行われないケースが増えています

この記事では、地鎮祭・上棟式の内容や準備、費用と合わせて、大切なご近所への挨拶回りのタイミングについてもわかりやすく解説していきます。
後悔のない家づくりと新生活のスタートのためにご参考にしてください。

自分にあったハウスメーカーがわからない」「比較・検討すべきハウスメーカーはどこ?」
HOME4U 家づくりのとびら」なら、120社以上のハウスメーカーから「あなたにあったハウスメーカー」を最大5社ピックアップ!さらにプラン作成依頼が可能です。

1.「地鎮祭・上棟式」「挨拶回り」の内容と費用は?どんな人におすすめ?

「地鎮祭・上棟式」「挨拶回り」の内容と費用は?どんな人におすすめ?

「地鎮祭・上棟式」「挨拶回り」は注文住宅を建てるときに必須ではありません。
目的、費用、内容を知った上で、実施するかどうか考えてみましょう。
「どんな人におすすめなのか」も解説しているので、ご参考にしてください。

1-1.地鎮祭(じちんさい)とは

まずは地鎮祭の概要を見ていきましょう。

【時期】工事が始まる前に行う
【目的】土地の神様に家の建築を報告し、工事の安全や生活の安泰を願う。
【費用】5~10万円程度。
【所要時間】30分~1時間程度。

【内容】
施主の家族と神主、工事関係者が集まって行います。
お供え物を準備して神主がお祓いしますが、地域によって内容は異なります(地鎮祭の詳細は3章で解説します)。
神式が一般的ですが、仏教式やキリスト教式なども可能です。
地鎮祭の終了後には、施主と工事関係者が近隣へ工事開始の挨拶をすることが多いです。

【実施するのがおすすめの人】

  • 縁起を担ぎたい方や、記念になるイベントをやっておきたい方
  • 「工事中に問題が起こったら地鎮祭をやらなかったせいかも」と後悔してしまいそうな方
  • 両親などから「地鎮祭をやったほうがよい」と勧められた方

1-2.上棟式(じょうとうしき)とは

次に上棟式の概要を見ていきましょう。

【時期】棟上げのタイミング(骨組みが完成した日)に行う
【目的】上棟を祝い、工事の安全を願う。工事関係者へのねぎらい・親睦。
【費用】10~30万円程度
【所要時間】1時間程度。

【内容】
棟上げが済んだタイミングで、棟梁が幣串(へいそく)という神様に供える捧げものを棟木に固定し、建物をお清めします。
施主が挨拶した後、お酒や料理を振舞って、工事関係者にご祝儀を渡す流れになります。
最近では神主を呼ばずに、工事関係者を集めて行うことが多いです。

地域によってかなり内容は異なり、近所の人を集めて屋根の上からお餅やお金を撒くなど、盛大に行う場合もあります。
ハウスメーカーによく相談してみましょう。

【実施するのがおすすめの人】

  • 近所の人を集めた盛大な上棟式を行うのが慣例化しているエリアに家を建てる方(地方や田舎では、開催しないと非常識に映ってしまう地域もあります。両親や担当者などに相談しておくと安心です。)
  • ハウスメーカーの担当者や職人さんと親睦を深めてしっかり感謝を伝えたい方
  • 金銭面や時間に余裕がある方
  • 儀式やしきたりを大事にしたい方

1-3.ご近所への挨拶回り

次に、工事開始前の挨拶回りについて見ていきます。

【時期】工事が始まる前に行う
【目的】顔合わせと、工事で近所に迷惑がかかる可能性があるため謝罪しておく。
【費用】0~数千円程度
【所要時間】30分~1時間程度。

【内容】
着工前には、施工会社の担当者が周辺に挨拶してくれるのが一般的です。
施主は、引っ越しの際に挨拶するだけでもかまいませんが、着工前にハウスメーカーに同行しておくと好印象です。

両隣・向かい側・裏側・道路をふさぐ可能性のある家など、工事での騒音や工事車両の出入りで迷惑をかけそうな範囲にご挨拶しましょう。
長く挨拶する必要はないので、自分の名前を伝え、「よろしくお願いします。ご迷惑をおかけします」という程度で十分です。
地鎮祭を行う場合は関係者が揃う機会なので、地鎮祭のあとに挨拶に行くことが多いです。
挨拶先が不在の場合は、粗品と着工を伝える手紙を投函するか、施工担当者に改めて訪問してもらいます。

挨拶の際に手渡す粗品は、ハウスメーカーが用意してくれることが多いので、事前に確認が必要です。

施主が粗品を用意する場合には、1軒あたり500円~1,000円以内の予算で準備します。
タオルが定番ですが、ふきん、洗剤、ラップなどもおすすめです。
粗品には蝶結びの熨斗(のし)をつけて「粗品」または「御挨拶」と書き、施主の名前を苗字だけ記載するのが一般的です。
近所付き合いが深い地域なら、町内会長や班長さんにもご挨拶したほうがいい場合もあるので、粗品は少し余分に用意しておくと安心です。

【実施するのがおすすめの人】

  • ご近所付き合いが濃密な地域に引っ越す方
  • 住宅密集地に建てる方
  • 騒音や振動、迂回などで迷惑をかけることが予測される方

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

2.地鎮祭の準備・服装・流れ

地鎮祭は、ハウスメーカーが段取りをしてくれることが多いのであまり手間がかかりませんし、費用も少額です。
上棟式はやらずに地鎮祭だけはやるというケースが多いので、ここからは、地鎮祭の準備や服装などの注意点について詳しくご説明します。

2-1.服装、参加者

大規模な建物の地鎮祭ではスーツなどのフォーマルが選ばれますが、一戸建ての地鎮祭では普段着の方も多いです。
炎天下でも屋外で行われるので、天候に合わせた服装をおすすめします。
地鎮祭時の地面はまだ土なので、靴は安定した履きやすいものが良いでしょう。
近年は簡易的でアットホームな地鎮祭を催す方が多いので、地鎮祭後の記念撮影に問題ない格好や、ご近所へ挨拶回りできる服装であれば充分です。
施工会社の営業担当者はスーツ、現場責任者は作業服で参加するケースが多いです。

参加者は施主の家族と、ハウスメーカーの関係者です。
記念になるので、同居しないご両親などを呼んでもOKです。

2-2.準備するもの

ハウスメーカーが神主さんへの依頼まで行ってくれる場合が多いので、どこまで手配をしてくれて、自分は何を準備すればいいか確認しておきましょう

祭壇や竹、玉串案、三宝など、さまざまな資材用品が必要ですが、これらの道具は一般的に施工業者が準備してくれます。
本格的な地鎮祭を行う場合に必要なテントや幕のレンタル費用は、3万円前後が相場です。

地鎮祭の当日に施主が準備する可能性があるものは、「神主への謝礼」「お供え物」「ご近所への粗品」です。

(1)神主への謝礼

初穂料(玉串料)は、神主さんへの礼金で、祈祷や祭事の際に納めるものです。
地鎮祭の初穂料の相場は、2万~5万円程度です。
地域によって違いがあるので、ハウスメーカーの担当者に相場を教えて貰うと良いでしょう。

地鎮祭の「のし袋」は、お祝い用の、水引が紅白で「蝶結び」または「淡路結びの水引」を選びましょう。
水引の上側に「御初穂料」または「玉串料」と記載してください。
下側には施主の名前をフルネームで記載します。
家族の名前も連名で書くこともできます。

準備した初穂料は儀式をスタートする前のタイミングで渡した場合、祭壇にお供えされますが、地鎮祭が終わってから渡してもかまいません。
神主さんが車で来られる場合には「お車代」として別途5,000円~1万円前後のお金を包むこともあります。

(2)お供え物

お供え物は誰が手配するのか、事前によく確認してください。
近年では、施主がお酒だけ準備し、その他のお供え物は神社側が準備してくれる場合が多いです。
お酒は、5,000円程度の2升の清酒を準備します。
お供え物を神社側が用意してくれる場合は、玉串料を入れるのし袋に5,000円ほど追加してお渡しするのが一般的です。

お供え物を自分で用意する場合にはこのような物となります。

  • 海のもの(スルメ・昆布など)
  • 山のもの(りんご・みかんなどの果物)
  • 畑のもの(ナス・トマト・人参・大根などの野菜)
  • お米(1合)
  • お塩(1合)
  • お水(1合)
  • 御神酒(清酒)

(3)ご近所へ挨拶回りするための粗品等

地鎮祭後には、そのままハウスメーカーの現場監督と施主が同行して近所へ挨拶回りをするケースが多いです。
ハウスメーカーが粗品を準備してくれるのか、粗品を自分で準備したほうがよいのかどうか確認しておきましょう。

2-3.流れ

地鎮祭の仕切りはハウスメーカーや神主に任せておけば、指示をくれるので心配ありません。
当日はまず、家を建てる土地の四隅に青竹を立て、その間をしめ縄で囲って祭場を作り、祭壇に供え物を供えて準備を整えます。

地鎮祭の全体の流れは次のようになります。

(1)お祓い
神職がお祓いをして土地や参列者を清めます。

(2)祭壇にお供え物を献上

(3)祝詞(のりと)
神職が祝詞を読み上げるので、少し頭を下げて聞きます。

(4)四方祓い
神職が土地を清めます。

(5)地鎮の儀(じちんのぎ)
ハウスメーカーの担当者と施主で行われ、盛砂に鎌(かま)、鋤(すき)、鍬(くわ)を入れる儀式です。

(6)玉串を供える
参列者が玉串(榊の小枝)を神前に供えます。参列者全員が行います。

(7)お供え物を下げる

(8)お神酒で乾杯する
祭壇に上がっていたお神酒を、神職の乾杯の音頭でいただきます。

この後、「直会(なおらい)」と呼ばれる宴会が行われたり弁当を配ったりする場合もあります。

地鎮祭を含め、家づくりに失敗しないためには、家を建てる契約の前に自分に合ったハウスメーカーを見つけることが大事です。

しかし、全国には数万社ものハウスメーカーが存在するため、自分たちだけでハウスメーカー選びをすると、契約した後に「あのハウスメーカーで建てればよかった」「他のハウスメーカーにも提案してもらえばよかった」と後悔する方も。

そこでおすすめなのが、HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス です。

HOME4U「家づくりのとびら」複数ハウスメーカーに「間取り図」「資金計画」「土地探し」をまとめて依頼!

本サービスでは、スマホから必要事項を入力するだけで、あなたの要望に沿ったハウスメーカーを【完全無料】で複数社ピックアップ。提携メーカーは大手・優良ハウスメーカーばかりなので安心です。

ハウスメーカー探しにかける時間や手間を省けるうえ、各ハウスメーカーの実際のプランを最大5社まで効率よく手に入れられます。

実際のプランを比較することで、建築費の相場や各メーカーの標準設備なども理解しやすく、具体的なイメージを持ちながら検討することができますよ。

自分にあったハウスメーカー
プラン作成依頼へ

HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

3.地鎮祭や上棟式について、3つの疑問を解決!

地鎮祭・上棟式について理解が深まったところで、よくある3つの疑問にお答えします。

3-1.地鎮祭や上棟式をやらないと手抜き工事になる?!

「地鎮祭・上棟式をやらないと手抜き工事をされるのではないか?心象が悪いのではないか・・・」という心配から、地鎮祭・上棟式をやるかどうか悩まれる方は多いです。
この点については、まず心配はいりません。
地鎮祭はそもそも「安全祈願」で、職人さんに感謝するといったものではないため工事関係者の心象には影響しません。

また、上棟式には感謝を伝える面がありますが、今では上棟式をやる人は少数派ですし、上棟式をやらないというだけで嫌な印象を持つことはありません。
上棟式をやる家とやらない家で、仕事の丁寧さが違うなどは、プロならばあってはいけないことです。
ただ、工事関係者も、心のこもった感謝の気持ちを伝えられればとても嬉しく感じるのは間違いありません。

昔は1つの家を一人の大工とその関連の職人さんで建てていたため、上棟式や会食にはとても大事な意味がありました。
でも、今は分業制がほとんどで、日によって様々な職人さんが出入りし、上棟の前後で担当者が変わることもあります。
このことからも、棟上げの時だけにご祝儀を渡す必要はないと考えられるケースもありますので、気になる場合にはハウスメーカーの担当者に相談してみてください。

3-2.地鎮祭や上棟式をやらない場合にできることは?

どんな形であっても、工事の無事を祈ったり感謝の気持ちを伝えたりすることはできます。
現在の住まいと新しい家が遠距離の場合などは、施主が参加せずに施工会社だけで地鎮祭を行ってもらったり、略式の安全祈願をしてもらったりすることもあります
日程や費用の都合がつかなければ、地鎮祭を行わない代わりに自分で塩を撒いたり手を合わせて済ませる場合もあります
事前にハウスメーカーに相談して、簡略化したい旨を伝え対応してもらいましょう。

棟上げの日は、工事の大きな節目の日でもあり、最も危険を伴う作業を行う日でもあります。
工事関係者もこの日の為に大勢集まっているので、担当者から事前に「この日に棟上げします」と連絡があるのが一般的です。
上棟式を実施しない場合でも、飲み物や弁当だけ用意したり、見学して感謝の言葉を伝えるだけでも気持ちが伝わります

3-3.地元の工務店とハウスメーカーで違いはある?

全国展開のハウスメーカーでは、施主が希望しない限り、地鎮祭や上棟式を行わないケースが増えています
地鎮祭だけを行う人が約50%程度で、上棟式まで執り行う人は少ない傾向です。
大手ハウスメーカーでは上棟式でのご祝儀が禁止の場合もあり、「ご祝儀や上棟式はお気遣いなく」とやんわり辞退されることがあります。

地域によって風習が異なりますが、逆に地域密着型の工務店などでは地鎮祭・上棟式を積極的に勧められるケースもあります

地鎮祭や上棟式を本格的にやりたい、またはやりたくないといったこだわりがある場合は、ハウスメーカーを最終決定する前に一言聞いてみましょう。

家づくりはおそらく一生に一度です。
地鎮祭や上棟式は家族の思い出になるのは間違いありません。
家作りに関わる人に感謝やねぎらいの気持ちを伝える絶好の機会であり、家への愛着にもつながるというメリットもあります。
伝統的な儀式をやってみたい方も、そうでない方も、悔いのないようにハウスメーカーに相談してみてくださいね。

家づくりのとびらコラム

コロナ禍での地鎮祭・上棟式・挨拶回りはどうする?

コロナ禍においては、直接の接触をためらう方もいらっしゃると思います。
挨拶回りの粗品に前もって簡単なお手紙を添えてポスト投函し、挨拶の気持ちを伝えるのも一つの方法です。
地鎮祭は外で行うものなので、コロナ禍でも感染対策をしながら実施することは可能です。
とはいえ、今年度は地鎮祭を行う場合にも少人数で参加し、風通しを確保して人との間隔をあけたり、時間をかけず簡略化した流れで執り行われたりすることが増えてきています。
地鎮祭後の直会(なおらい)という宴会は割愛せざるを得ない状況が多いようです。
リモート配信によりパソコンやスマートフォン等で閲覧するスタイルの地鎮祭も登場しています。
上棟式での歓談・会食や、近所の人を多く集めるような開催の方法は難しくなっていますが、簡易的な儀式のみの上棟式を行うことは可能です。

こうして見てみると、地鎮祭や上棟式においてもハウスメーカーとの連携は密にとらないといけないことがわかります。この他にも、家を建てる際には都度ハウスメーカーとのやり取りが発生するので、ハウスメーカーの選定はとても重要なポイント。信頼できるハウスメーカーを見つけたいなら、家づくりのとびらの無料サービスをご活用ください。

「家づくりのとびら」の
無料サポートサービスのご紹介

あなたの家づくりの検討状況や検討の進め方にあわせて、ご活用ください!

実際の建築プランを複数みて、
比較・検討したい

複数のハウスメーカーの建築プランが、かんたんな入力だけで、無料でもらえる「プラン作成サービス」がおすすめ!

▷【無料】プラン作成依頼はこちら

費用や、ハウスメーカー選びの
コツを詳しく直接聞きたい

ハウスメーカー出身のアドバイザーに自宅から簡単に相談できる「無料オンライン相談サービス」がおすすめ!

▷【無料】オンライン相談はこちら

まとめ

それではおさらいです。
「地鎮祭」「上棟式」は、家づくりにおいて重要な節目に行われます。

地鎮祭は、工事が始まる前に、工事の安全を願うもの。
上棟式は、家の骨組みが完成した時点で、そこまで進んだ工事を祝って工事の安全を願い、関係者への感謝を伝えるものです。

これらは必ず行わなければならない儀式ではなく、施主の希望しだいで決めることができます。
地鎮祭や上棟式をやらないと手抜き工事になるといった心配はありませんし、費用を抑えながら簡易的に行うこともできます。
最近は、地鎮祭だけを行って、上棟式は行わないケースが増えています

工事が始まる前には、迷惑をかける可能性があるご近所にあらかじめ挨拶しておくことも大切です。
挨拶回りから地鎮祭、上棟式まで、わからないことはハウスメーカーの担当者によく相談してみましょう。

家づくりプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

家づくりに失敗しないためには、自分に合ったプランを提案してくれるハウスメーカーを見つけ、比較・検討すること。

そこでおすすめなのが「HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ。
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で家づくりプランを一括依頼することができます。

このページをシェアする

この記事の編集者

「家づくりのとびら」編集部

NTTデータグループが運営する注文住宅相談サービス「家づくりのとびら」編集部です。難しい住まいづくりの情報を、わかりやすく正確にお伝えします。記事は不動産鑑定士や宅地建物取引士などの不動産専門家による執筆、監修記事がメイン。初めての住まいづくりをサポートします!

運営会社情報(NTTデータスマートソーシング)