このページをシェアする
20代でマイホーム購入は早くない!年収・頭金はいくら必要?

20代でマイホームを購入しようと考えている方の中には「20代でマイホームを購入するのは早いのだろうか」と、悩みや不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

住宅購入は人生において大きな決断。しかし、20代だからこそ、マイホーム購入を楽にできるというメリットもあります。

本記事では、以下の内容について解説します。

この記事を読んだらわかること!

  • 20代で家を建てる人のローン事情!年収や頭金はいくらあればいい?
  • 早めに住宅購入をするメリット・デメリット
  • 20代の方に人気なハウスメーカー

本記事を読むことで、20代の住宅購入をする前に知っておくべきことがわかります。ぜひ参考にしてみてください。

自分にあったハウスメーカーがわからない」「比較・検討すべきハウスメーカーはどこ?」
HOME4U 家づくりのとびら」なら、120社以上のハウスメーカーから「あなたにあったハウスメーカー」を最大5社ピックアップ!さらにプラン作成依頼が可能です。

1. 20代でマイホーム購入は早くない!

20代でのマイホーム購入は、皆さんが不安に感じるほど「早い」わけではありません。国土交通省による「令和2年度住宅市場動向調査」によると、初めてマイホームを購入する世帯主の年齢内訳は以下のとおりです。

初めて住宅を購入した世帯主の年齢

参照・引用:国土交通省「PDF令和2年度住宅市場動向調査

どの住宅種別においても30代と40代の割合が多いですが、20代も10%前後の割合を占めています。
また、なかでも「注文住宅」は、20代で家を購入した方の割合が、そのほかの住宅の種類(新築の分譲マンションや中古住宅)と比べて最も高く将来を踏まえた長期的な住まいとして注文住宅を選び、マイホーム購入している方が多いことがわかります。

このように20代でのマイホーム購入は数が多いわけではありませんが、不安を感じるほど早いわけではないことがわかります。

2. 20代でマイホームを購入する人のローン・頭金事情!平均は?

20代での住宅購入は決して早いわけではないことがわかりましたが、気になるのは購入する際の資金面です。

ここからは住宅購入の資金面に関して以下の内容を解説します。

  • 年収
  • 頭金
  • 住宅ローンの月々の支払い額

また注文住宅を建てる際の予算の決め方について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

2-1.年収

「マイホームはどれくらいの年収があれば購入できるのか」と不安を感じる方も多いでしょう。

国土交通省の「令和2年度住宅市場動向調査」によると、初めて住宅を購入する世帯の平均年収は以下のとおりです。

初めて住宅を購入した方の年収

引用:国土交通省 PDF令和2年度住宅市場動向調査

全国の注文住宅購入世帯の平均年収で最も多い層は、400〜600万円です。400万円未満の世帯は10.9%となっており、600万円までの年収で全体の40.6%を占めていることがわかります

400万円未満の世帯が10.9%でそれほど多くないと聞くと、20代の方は「住宅購入は、もう少ししてからにしよう」と感じる方も多いでしょう。しかし、国税庁の民間給与実態統計調査によると、20代前半の男性平均年収は278万円ですが、20代後半の男性平均年収は403万円と大きな差があることがわかります。

20代は前半と後半で年収に大きな差があり、20代後半になると注文住宅購入世帯のボリュームゾーンである400〜600万円に届く人が増えてくるのです。

これらのことから、20代でのマイホーム購入は年収面から見ても現実的であることがわかるでしょう。

年収400万でどれぐらいのお金が借りられるの?

また実際のローンの借入額は金融機関によっても異なりますが、ここでは年収の25%を返済比率としてシミュレーションしてみましょう。

返済比率25%で年収400万円であれば、年間返済額の上限は100万円、月に直すと8.3万円ほどです。

月8.3万円の返済であれば、「借入期間35年、住宅ローン金利1%、ボーナス返済なし」の条件に設定するとはやくな約2,940万円のローンを組める結果となります。

返済比率・安全な返済金額については「2-3.住宅ローン月々の支払額」で詳しく解説しますので合わせてご参照ください。

2-2.頭金に関する最近の傾向とメリット

住宅ローンは長期間のローンであることから、金利の負担が大きくなります。頭金をなるべく多く入れて借入額を減らすことで、金利負担を下げるのが一般的な住宅購入でした。
具体的に言うと、住宅を購入する際には頭金として「物件価格の1〜2割」ほど支払うのが一般的、と考えられてきました。

しかし、マイナス金利政策などの影響を受け、超低金利時代に突入した日本では徐々に変化が起きてきたのです。
金利が1%を割る現在では金利負担が軽いため、いざという時のために現金は手元に残しながら、フルローンで住宅を購入するといった選択も主流になってきました。

そのため、現在では頭金1割や、頭金なしで住宅購入をする方が数多くいます。住宅購入を検討するなかで、頭金が支払えないと悩んでいた方も、一度資金計画を立ててみましょう。

なお、そうはいっても、住宅購入時には頭金として自己資金を出すことで、プラスとなることはたくさんあります。以下のようなメリットがあることも理解し、ある程度の頭金は用意しておきましょう。

頭金のメリット(1) ローンの借入額を減らすことができる

頭金のぶん、全体の借入金を減らすことで、ローンの負担を減らすことができます。

頭金のメリット(2) 住宅ローンの金利優遇が受けられる

金融機関によっては購入価格のうち何割かの頭金を出すことで、住宅ローンの金利優遇を受けられるケースがあります。例えば、住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して提供するフラット35では、頭金を1割出すことで金利優遇を受けられます

頭金のメリット(3) ローンの審査が通りやすくなる

また、頭金を出して住宅ローンの借入額を減らすことで、年齢の若い人でも年収に占める返済額の割合が低下し、金融機関によるローン審査に通りやすくなります。

家づくりのとびらコラム

親からの資金援助

住宅購入時には親からの資金援助を受けて購入する方も多いです。通常の贈与税は110万円が非課税限度額ですが、住宅購入資金の贈与であれば、非課税限度額が大幅に拡大します

2022年度からは、一般的な新築住宅の場合は500万円まで、省エネ等住宅の場合は1,000万円までが非課税限度額となります(2022年度の非課税の対象金額は、税制改正案の可決を前提としたものです)。

参照:国税庁「住宅取得等資金の贈与を受けたとき

家を新築するための補助金、住宅に関する有利な税金の優遇について知りたい方は、以下の関連記事も合わせてご参照ください。

また、補助金を最大限に受け取る条件や頭金の金額など、「一人で考えるのは難しい・・」という方は「HOME4U 家づくりのとびら」にぜひ一度ご相談ください。
HOME4U 家づくりのとびら」では、専門知識や経験を有する専門アドバイザーに無料でご質問にお答えし、家づくりの計画をサポートします!

家づくりのとびら
オンライン相談サービスを詳しく見る

2-3.住宅ローン月々の支払い額

住宅ローンは長期間毎月返済しなければならないローンで、返済の負担が大きすぎると家計を圧迫してしまいます

自分たちに合った適正な返済額がわからない方には、考えやすいように基準を設けて計算してみるのがおすすめです。
住宅ローンの月々の支払金額を考える際に使える「基準」について解説します。

「現在の家賃」を基準に検討する!

一番身近な基準は、現在支払っている家賃です。

もし毎月支払っている家賃が苦しいのであれば、毎月の返済額を現在の家賃よりも低くなるように設定しなければなりません。逆に、もし少し余裕がある場合は、多く見積もってもいいでしょう。

また、住宅購入では毎月のローン返済だけではなく、固定資産税などのランニングコストもかかります。住宅を所有していることでかかる費用も踏まえたうえで、月々の返済額を計算しましょう。

年収に占める返済額の割合(返済比率)も指標になる

住宅ローンでは、各金融機関が年収に占める返済額の割合(返済比率を設定しています。返済比率は30〜35%を上限としている金融機関が多いですが、上限ギリギリで借りてしまうと生活が苦しくなってしまう傾向にあります。

余裕を持った返済計画を立てるのであれば、返済比率20〜25%で考えるのがおすすめです。年収400万円の場合、年間返済額が80〜100万円となり、月々にすると6.6〜8.3万円の返済となります。

これらの返済額をもとに「借入期間35年、住宅ローン金利1%、ボーナス返済なし」の条件で考えると、約2,330〜2,940万円の借入が可能です。

このように自分が支払える限度や、世間一般で余裕をもった返済が可能といわれる返済比率を踏まえて計算してみましょう。

また、ご自身の予算でどのような住宅を購入できるのか、建てられる家のイメージが知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。

3. 20代でマイホームを購入する4つのメリット

ここからは、20代でマイホーム購入する4つのメリットについて解説します。若いうちにマイホームを購入するメリットを把握し、改めて将来のことを考えてみましょう。

20代でマイホームを購入するメリットは以下のとおりです。

  • 住宅ローンの返済期間を長く組める
  • 将来に向けての資産形成ができる
  • 余計な賃料を支払わなくて済む
  • 返済額にゆとりが持てる

それぞれについて解説します。

3-1.住宅ローンの返済期間を長く組める

住宅ローンは借入年数を最長35年で設定している金融機関が多いです。
多くの日本企業では65歳を定年としているため、20代の頃から住宅ローンを組むことで定年までに確実にローンを完済できます

住宅ローンは完済時の年齢を80歳で設定している金融機関が多いですが、定年を迎えた後、収入の柱が年金の状態で住宅ローンを返済し続けることに不安を感じる方は多いはずです。

なお借入期間を長くするほど、月々の返済額を抑えられます。住宅ローンの最長である35年を有効に使いながらも、定年までに完済できるのが20代のメリットです。

住宅ローンの返済を含めた資金計画の立て方、また住宅ローンを使う基本的な流れについて知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

3-2.将来に向けての資産形成ができる

20代の頃からマイホームを購入することで、将来の人生設計が立てやすくなります。

住宅を購入することで住まいへの費用が確定するため、月々の収入から余った分を投資に回すといった資産形成もできるでしょう。また、住宅ローンを組む際には団体信用生命保険に加入することが一般的であるため、毎月の保険料の見直しも可能です。

将来に向けて徐々に収入が増えていくことで、さらに資産を増やしことも可能となります。

3-3.余計な賃料を支払わなくて済む

20代でマイホームを購入することで賃貸の入居期間が短くなり、その分の家賃を節約できます。

実際に「家賃がもったいない」と感じて住宅を購入する方は多くいます。
家賃は支払い続けていても自分の資産になるものではありません。マイホーム(主に土地)は最終的に自分の資産になるため、早い段階から購入することで長期間賃貸に住むよりもお得です。

3-4.返済額にゆとりが持てる

一般的に20代の方は30代、40代と年齢重ねていくごとに収入が増えていきます。

まだ収入の低い頃に住宅ローンを組むことで、収入が増えていくにつれて返済が楽になります。住宅ローンはあくまでも現在の収入で返済できる範囲でしか借りられません。20代の収入が低い段階で住宅を購入することで、借入額も抑えられます。

なお、しっかりと将来を考えながら、資金計画を立てたい方は「HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスにご相談ください。

【必見】家づくりの流れ、
費用・相場を知りたい方へ

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談がおすすめ!

  • 資金計画の考え方がわかり、相談できる 住宅業界に詳しい専門アドバイザーが、【中立な立場】で資金計画の考え方をご説明。住みたいエリアの坪単価などもお調べします
  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • かんたんに自宅から相談できる スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

【無料】相談する時間を選ぶ

何が相談できるか詳しく見る

4. 20代でマイホームを購入する3つのデメリットとリスク対策

20代でマイホームを購入することで様々なメリットがありましたが、若いうちに購入するからこそのデメリットやリスクもあります。

ここからは、20代でマイホームを購入する3つのデメリットとリスク対策について解説します。

20代でマイホームを購入するデメリットは以下のとおりです。

  • 将来の不確定要素が多い
  • 購入の選択肢が限られる
  • 金利負担が大きくなる可能性がある

それぞれについて見ていきましょう。

4-1.将来の不確定要素が多い

マイホームの購入は今後のライフプランを踏まえて慎重に検討しなければなりませんが、20代はまだまだ将来の不確定要素が多いです。

出産や転勤、退職というようにさまざまなライフイベントが起こり得るため、考えるべきことが多くなってしまいます。自分のなかで計画を立てていたとしても、急な転勤など思い通りにならないことも多いでしょう。

ライフプランを一人、もしくは夫婦だけで考えるのも限界があるため、専門家を含め入念に打ち合わせをするのがおすすめです。

4-2.購入の選択肢が限られる

20代はまだ収入が低いこともあり、購入できる住宅の選択肢が絞られてしまいます。

当然ながら収入が増えてからの方がローンを借り入れできる金額が増え、選択肢は増えますが、その分、借入金が多くなることで、返済が厳しくなる可能性もあります。

20代で家を購入する際に大切なのは、ハウスメーカーの比較です。住宅価格はハウスメーカーによっても異なるため、同じ予算でより理想に近い住宅を建てられるハウスメーカーを探しましょう

どのように探せばいいかわからないという方は「HOME4U 家づくりのとびら」にお問い合わせください。「HOME4U 家づくりのとびら」では、ハウスメーカー選びについても気軽にご相談いただけます。

【必見】自分の希望にあった
ハウスメーカーを探したい方へ

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談がおすすめ!

  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • ハウスメーカー出身アドバイザーに聞ける 注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】でご説明、ご相談にのります。
  • かんたんに自宅から相談できる スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

【無料】相談する時間を選ぶ

何が相談できるか詳しく見る

4-3.金利負担が大きくなる可能性がある

返済期間が長期化すればするほど、返済額に占める金利負担が大きくなります

例えば、3,000万円を金利1%で30年かけて元利均等返済する場合、総支払額は3,474万円ですが、同条件で35年かけて返済する場合は3,557万円となります。

20代でマイホームを購入する場合、月々の返済額を少なくするために長期間での借入を検討する人が多いですが、最終的にいくら支払うことになるのかは明確にしておきましょう。

また、ボーナスなどで早期完済を目指していくことで、利息分の節約につながります

なお、お得に住宅を購入したいのであれば、補助金の活用もポイントです。以下の記事で解説している各種補助金を有効活用することで、数十万円〜数百万円程がお得になるケースもあります。適切に利用することで、費用節約を図りましょう。

5. 20代でマイホームを購入した人の失敗談

ここからは20代でマイホームを購入した人の失敗談について紹介します。同世代の失敗談を参考に、同じ失敗をしないようにしましょう。

5-1.子どもが生まれてからの生活を深く考えていなかった

「子どもが生まれる=マイホームを購入する」というイメージを持っている方も多いでしょう。しかし、焦って購入してしまうと失敗の原因となります。

育児にはお金がかかることに加え、女性は出産後も出産前と同じように働けるかどうかわかりません。「支出が増えて収入が減る」という苦しい状態になるケースも少なくないのです。

子どもが生まれたあとに購入を検討される方は、すぐに住宅を購入するのではなく、賃貸での費用と比較しましょう

また、パートナーとの話し合いは何より大切です。パートナーがこれからどのように生活したいのか子どもの人数が増える可能性はあるのかなど、今後の将来像について互いの考えを伝え合い、くい違わないようにしましょう。

5-2.マイホームを購入することが目的になっていた

「友人が購入していた」「職場の先輩から早く買った方がいいと言われた」「マイホームを持ったら一人前だと考えていた」

このように理由はさまざまですが、マイホームを購入することが目的になってしまっている場合は注意しましょう。

住宅ローンは、人によっては35年もの長期間返済し続けるローンです。
住宅を購入することが目的となり、購入した後に「なぜ購入したのか、賃貸でもよかったのではないか」となっても取り返しがつきません。

住宅購入をすることでどんな生活をしたいのか、どんなライフスタイルを叶えたいのかを明確にしましょう。

5-3. 貯金なしで新築の家を購入してしまった

住宅購入への憧れから「低金利で住宅ローンを組めるのであれば‥」と、貯金もなしに住宅を購入してしまう人も少なくありません。

そもそも貯金がない状態ではいざという時にリスクがあります。また、住宅ローンによって長期間の支出が発生するため、支払いの負担が大きい場合、さらに貯金をしにくい状態に陥ってしまいます。

生活費の半年分など、何かあった際に使えるお金を確保したうえで住宅を購入しましょう

住宅購入で失敗したくない方は「HOME4U 家づくりのとびら」にご相談ください。
元ハウスメーカー勤務の専門アドバイザーが経験から失敗しやすいポイントまで、無料でご質問にお答えし、家づくりの計画をサポートします!

家づくりのとびら
オンライン相談サービスを詳しく見る

6. 20代でマイホームを購入する際の注意点

20代でマイホームを購入した方の失敗談を紹介しましたが、どのようにすれば失敗を避けられるのでしょうか。

20代でマイホームを購入する際の3つの注意点は以下のとおりです。

  • 住宅ローンに頼りすぎない
  • 長期的なライププランを考える
  • 将来を考えてハウスメーカーを選ぶ

それぞれについて解説します。

6-1.住宅ローンに頼りすぎない

住宅ローンは各金融機関によってさまざまなプランがあり、なかには頭金0円で住宅ローンを組めるプランも存在します。

20代でまだ貯金が多くない世帯にとって頭金0円で購入できるのは嬉しいことですが、頭金を支払わない分、月々の返済額が増えることを忘れてはいけません
最終的な総支払額も多くなるため、しっかりとシミュレーションをしたうえで検討しましょう。

住宅購入のシミュレーションをしたい方は、以下の記事を参考にしてください。

6-2.長期的なライププランを考える

20代は将来の不確定要素が大きいため、30代や40代の方よりもさらに長期的で綿密なライフプランを考えなければなりません。

出産の時期や人数、転職、退職といった自分たちのことだけでなく、子どもの成長にかかる費用や教育費などさまざまなことを踏まえて計画を立てましょう。

そうはいっても、自力で計画するのは限界があります。主観で考えていると、現実的ではなくなる確率も高いため、専門家を交えて相談することをおすすめします。

費用計画を専門家に相談したい方は、「HOME4U 家づくりのとびら」の無料相談サービスがおすすめです。建てたい家のイメージをヒアリングし、予算シミュレーション、ハウスメーカーの絞り込みをお手伝いします

家づくりのとびら
オンライン相談サービスを詳しく見る

6-3.将来を考えてハウスメーカーを選ぶ

値段やデザインだけを考えて住宅を建ててしまうと、後々住みにくかったりメンテナンス費用がかかったりする恐れがあります。

ハウスメーカー選びは以下のような観点で選ぶことが大切です。

  • 維持費
  • 安全性(耐震・災害に強い)
  • 快適さ
  • 飽きのないデザイン性

ハウスメーカー選びについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

ハウスメーカー選びは、家を建てるにあたって最も重要な選択です。
しかし、家の希望条件やこだわりは個人で異なり、ひとりで一社ずつ比較するのは大変な作業です。

そこで、自分に合ったハウスメーカーを、より効果的に、さらに時短して絞り込みたい方におすすめしたいのが、「HOME4U家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスです。

専門アドバイザーが第三者の立場から、ヒアリングしたご希望条件を第一優先に、率直な意見をお伝えします。
複数のハウスメーカーを提案するため、そこから実際に住宅展示場に行くハウスメーカーを絞り込み、具体的に住宅商品を比較するステップに進めることができます。
ぜひお気軽にご利用ください!

家づくりのとびら
オンライン相談サービスを詳しく見る

まとめ

20代での住宅購入は早いわけではありません。長期間のローンが組めることや、定年までに完済できるといったメリットもあります。

この記事では20代でマイホーム購入をお考えの方に向けて、以下のことを解説しました。

20代で家を建てるのは早い?

国土交通省の「令和2年度住宅市場動向調査」によると、20代で家を建てるのは、早いわけではありません。20代で家を購入する人は10%程度おり、中でも注文住宅を建てる方は一番大きい割合を占めています。

20代で家を建てる際に参考になる「年収」の金額は?

国土交通省の「令和2年度住宅市場動向調査」によると、全体として家を建てた方の物件価格の1〜2割ほど世帯年収は400~600万円が4割を占めています。400万円の年収は、国税庁の「民間給与実態統計調査」による20代後半の平均収入でも手が届く範囲で、20代の住宅購入の指標としても考えられるでしょう。

20代で家を建てるために必要な頭金の金額は?

一般的には今まで物件価格の1〜2割ほど頭金の指標と言われていましたが、超低金利時代の現在では、頭金ゼロで住宅購入を行うケースも増えてきました
頭金が1割あると、金利が優遇されるフラット35Sを利用できるなど、頭金によって各金融機関での優遇措置があるため、確認しながら頭金をそろえるとよいでしょう。

住宅ローンの月々の支払い目安はいくらぐらいがよい?

月々の支払目安は以下の2点で考えるのがおすすめです。

  • 現在の家賃
  • 年収に占める返済額の割合(返済比率)

詳細は「2-3.住宅ローン月々の支払い額」をご参照ください。

20台でマイホームを購入するメリット・デメリットは?

メリット

  • 住宅ローンの返済期間を長く組める
  • 将来に向けての資産形成ができる
  • 余計な賃料を支払わなくて済む
  • 返済額にゆとりが持てる

デメリット

  • 将来の不確定要素が多い
  • 購入の選択肢が限られる
  • 金利負担が大きくなる可能性がある

メリット・デメリットのそれぞれの項目については、「3. 20代でマイホームを購入する4つのメリット」「4. 20代でマイホームを購入する3つのデメリットとリスク対策」にて詳しく解説しています。

20代での住宅購入は、30代や40代の方と比べ将来の不確定要素が大きいため、より長期的な視点で考える必要があります。

憧れだけで住宅購入を急いでしまうと、後悔することになってしまうかもしれません。一人もしくはパートナーとだけで考えるのではなく、「HOME4U家づくりのとびら」など無料のオンライン相談サービスを活用し、専門家の意見を聞きながら、スムーズに計画を進めましょう。

家づくりプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

家づくりに失敗しないためには、自分に合ったプランを提案してくれるハウスメーカーを見つけ、比較・検討すること。

そこでおすすめなのが「HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ。
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で家づくりプランを一括依頼することができます。

この記事の編集者

「家づくりのとびら」編集部

NTTデータグループが運営する注文住宅相談サービス「家づくりのとびら」編集部です。難しい住まいづくりの情報を、わかりやすく正確にお伝えします。記事は不動産鑑定士や宅地建物取引士などの不動産専門家による執筆、監修記事がメイン。初めての住まいづくりをサポートします!

運営会社情報(NTTデータスマートソーシング)