このページをシェアする
うなぎの寝床に注文住宅を建てたい!間取り例と費用相場を解説

「うなぎの寝床」という言葉は聞いたことはあるけど、うなぎの寝床の住宅でどのような生活が送れるかあまりイメージの湧かない方もいるかと思います。

この記事ではうなぎの寝床間の間取りで実現する暮らしのイメージやメリットとデメリット、間取り例、失敗例などを紹介していきます。

うなぎの寝床とは?

うなぎの寝床とは、間口が狭く細長い奥行きのある土地や建物のことをいいます。江戸時代に間口の広さによって税が決められていたため、負担金を減らすためにうなぎの寝床の建物が多く立てられるようになりました。現代では人が住むには適していないのではと心配な方もいるかと思いますが、うなぎの寝床でも間取りや階数の工夫次第で理想の住宅を実現することができます。

うなぎの寝床間で実現できる理想の暮らし
吹き抜けで開放感ある空間 屋上バルコニーでのんびり 中庭で日光浴
吹き抜けで開放感ある空間 屋上バルコニーでのんびり 中庭で日光浴
うなぎの寝床間のメリット
  • 奥行きが長いので広く見せることができる
  • 生活動線を意識した間取りが作りやすい
  • インナーガレージを作っても生活空間の確保できる
うなぎの寝床間のデメリット
  • 部屋を奥行き方向にしか繋げられない
  • 日当たりや風通しに注意する必要がある

うなぎの寝床間が叶える生活のイメージ

・開放的なリビングで家族団欒!!

うなぎの寝床のような間口の狭い住宅ではあまり光が差し込まないイメージがあるかもしれませんが、中庭を取り入れたり天窓や吹き抜けを取り入れたりと工夫次第では光の差し込む家を実現することができます。

1-5.【中庭付き】光あふれる癒しの間取り

・家で趣味が思う存分楽しめる!!

収納スペースがなくて趣味のコレクションがこれ以上できなかったら嫌だと思う人もいるかもしれません。限られた広さでも奥行きがあるので、デットスペースを活用して収納スペースを取り入れたり、自分だけの空間や趣味の空間を作ったりすることもできます。

1-2.【30坪台】全ての要望を実現した間取り

・屋上バルコニーで青空を独り占め!!

うなぎの寝床のような土地の場合、両隣に住宅が密集していることが多く窮屈な印象もあるかと思いますが、屋上にバルコニーを設けることで開放的な空間を実現できるでしょう。青空の下でお昼やゆったり読書なんてこともできます。

1-4.【間口4.2m】屋上がある間取り

複数のハウスメーカーから見積もりや間取りプランをもらうのは、時間も労力もかかって、大変!
HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」なら、120社以上のハウスメーカーから最大5社のプラン作成依頼が可能!

1.うなぎの寝床間での暮らしの間取り例5選

うなぎの寝床間の間取り例を、坪数やタイプ別に5つ紹介していきます。

居住者の感想や、うなぎの寝床の間取りのポイントもお伝えします。

1-1.【20坪台】階層ごとに生活空間を区切る間取り

洗濯動線も確保で楽々

【20坪台】階層ごとに生活空間を区切る間取り【20坪台】階層ごとに生活空間を区切る間取り【20坪台】階層ごとに生活空間を区切る間取り

居住者の感想 1階には洗濯場とウォークインクローゼットと近づけて設置し、洗濯がこれまでよりとっても楽になりました。
世帯 夫婦2人+子供2人
坪数(延べ床面積) 22坪
間取り 3階立て3LDK(+ウォークインクローゼット)
費用 約2,000万円

1階は水回りスペースをまとめ2階のリビングでは家族団欒の場に。3階にはそれぞれのプライベートな空間に分けた間取りです。3階を個室にしたことで、子供が成長しても、出入りには必ずLDKを通る、ちょうど良い家族の距離感を保てる理想の家を実現できました。

1-2.【30坪台】全ての要望を実現した間取り

天窓や吹き抜けで開放感を演出

【30坪台】全ての要望を実現した間取り【30坪台】全ての要望を実現した間取り【30坪台】全ての要望を実現した間取り

居住者の感想 趣味のバイク置き場や釣りやアウトドア用具の収納スペースを確保しながらも開放感のある家にできました。ウッドデッキのバルコニーで風を感じながらビールを飲むのは最高です。
世帯 夫婦2人
坪数(延べ床面積) 38坪
間取り 3階建て4LDK(+シューズインクローゼット+バイク置き場+インナーガレージ+バルコニー)
費用 約2,300万円

間口が狭いながらも奥行きを生かして収納スペースや部屋数を充分に確保。3階には吹き抜けと天窓を設置したことで2階のリビンングまで明るく開放感がある家を実現できました。光が届きづらい1階はインナーガレージやバイク置き場にしています。

1-3.【二世帯住宅】階数で世帯を住み分けた間取り

3階建でもバリアフリーを実現

【二世帯住宅】階数で世帯を住み分けた間取り【二世帯住宅】階数で世帯を住み分けた間取り【二世帯住宅】階数で世帯を住み分けた間取り【二世帯住宅】階数で世帯を住み分けた間取り

居住者の感想 1階に両親の部屋にし、バリアフリーにしました。私たちのスペースにはペットのスペースや趣味の場所を設け、お互いに気を遣うことなく生活することができています。
世帯 両親2人+夫婦2人
坪数(延べ床面積) 49坪
間取り 3階建て4LDK(+シューズクローク+パントリー+バルコニー+ロフト)
費用 約1,600万円

奥行きが十分あるため、階数で世帯を分けることでお互い気を遣うことなく生活ができる間取りになっています。1階部分は完全バリアフリー。それぞれの世帯のライフスタイルに合った理想的な住宅です。

1-4.【間口4.2m】屋上がある間取り

青空の下で趣味のガーデニングを楽しめる

【間口4.2m】屋上がある間取り【間口4.2m】屋上がある間取り【間口4.2m】屋上がある間取り

居住者の感想 駐車場の確保と趣味のガーデニングができるという条件を実現できました。広い屋上はガーデニングができ、子供たちも青空の下で遊べるので作ってよかったです。
世帯 夫婦2人+子供1人
坪数(延べ床面積) 25坪
間取り 3階建て2LDK(+インナーガレージ+ウォークインクローゼット+バルコニー+屋上)
費用 約1,700万円

間口4.5mと幅の狭い土地ながらも奥行きがあるため、車が2台以上止められるスペースを1階に作ることで庭をあきらめ、代わりに屋上を作った間取りです。屋上のおかげで趣味のガーデニングも楽しめ、子供も青空の下安心して遊べます。立地を生かし、ほしいものを実現できた事例です。

1-5.【中庭付き】光あふれる癒しの間取り

間口の狭さを活かして開放感を実現

【中庭付き】光あふれる癒しの間取り【中庭付き】光あふれる癒しの間取り【中庭付き】光あふれる癒しの間取り

居住者の感想 間口が狭く、両サイドに建物が迫っていることがネックでしたが、中央に中庭を取り入れることで、1階でも明るく自然を感じられる癒しのリビングとなりました。
世帯 夫婦2人+子供2人
坪数(延べ床面積) 37坪
間取り 3階建て3LDK以上(+パティオ+ウォークインクローゼット+ウッドデッキ)
費用 約2,200万円

家の中心に中庭(パティオ)を取り入れ、2階は1階の半分の面積にすることで、各階に日光が充分に差し込むことを実現した間取りです1階のリビングは中庭の緑を感じられる憩いの場として、家族が集まれる空間になっています。

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

2.うなぎの寝床の場合の費用相場

うなぎの寝床のような細長い土地に家を建てる場合、2・3階建てにすることで十分な部屋を確保することができるでしょう。3階建てなどにする場合は耐震性能を向上させるために、住宅自体の建築費用はやや割高になる傾向があります。

ただし、うなぎの寝床は周辺相場より土地購入費用を安く抑えられるケースが多くあります。このため、全体の建築費用で見ると一般的な住宅より安く建てられる場合もあります。

実際にいくらくらいかかるのか、具体的な費用のシミュレーションは狭小住宅を参考にしてください。

また、家を建てるに必要な費用の内訳や目安について知りたい方は、下記の記事も併せてご覧ください。

3.理想を叶えるために要チェック!うなぎの寝床の失敗例と注意点

3-1.【計画段階】風通りが悪く日光も差し込まない

暗くてジメジメして気分も下がります…

住宅密集地にあるため風通りが悪く、日光が差し込む場所も限られていて、昼間でも電気をつけないと生活ができません。

注意点:窓の大きさや場所を考えて光と風を最大限に取り込む

住宅密集地に家を建てる場合、大きな窓を設けたからといって光や風が取り込めるとは限りません。

通気性や採光を計算した天窓や吹き抜け、中庭などを設けることで、日が差し込む風通りのよい家を実現することができるでしょう。間取りを考える際にはしっかりとプロの設計士さんに相談することをおすすめします。

3-2.【計画段階】デザイン重視にしたら住み心地がよくない

勝手の悪い間取りに困っています

設計士さんに無理なお願いをしてデザインに凝った3階建ての家を建てました。内装は文句のないおしゃれな家になったのですが、住んでみるとあちこち勝手が悪く、住み心地がよくありません。

注意点:生活動線に配慮しながらデザインにこだわる

見た目を重視しデザインにこだわりすぎてしまうと、実際の生活に不便が出ることもあるでしょう。

生活する動線をイメージしながら、間取りや設備の配置をプロの設計士さんと相談して決めるのがおすすめです。デザインも生活も理想の住まいを実現するためには、プロの意見も聞いてくださいね。

3-3.【生活面】3階建てにしたら子供の様子が分からない

家族のコミュニケーションが少ない

3階建てにしたのですが、同じ家の中にいても、家族がどこにいるのかを把握することができません。子供は部屋にこもりっぱなしで、コミュニュケーションも減ってしまいました。

注意点: 縦の空間を有効に活用する

3階建ての場合、1階と3階の距離が遠くなるため、コミュニケーションが取りづらくなります。

いつも家族を感じられる家にしたい場合は、吹き抜けを設けたり、リビングイン階段を採用したりすると声が届きやすく、お互いを感じられるようになります。子供部屋はリビングを通って玄関へ行く間取りにすることで、子供とのコミュニケーションの機会を作れます。

うなぎの寝床の注文住宅の失敗例を見てきましたが、夢のマイホームを建てるなら「絶対に後悔したくない」ですよね。以下の記事では、新築の注文住宅でよくある失敗例と後悔しないための対策をご紹介しています。併せてご覧ください。

4.うなぎの寝床のおすすめのハウスメーカー3つ

4-1.三井ホーム

三井ホームをおすすめする理由は、住宅の耐久性の高さです。三井ホームが建てる家は、木造ならではの木のぬくもりと「プレミアム・モノコック構法」により、温かさと強さを兼ね備えた住宅を実現しています。

CRECER

うなぎの寝床のような土地の場合、住宅密集地が多いため、どうしても自然を感じづらいものです。「CRECER」は三井ホーム独自の木造構法を用いており、さらに光と風をふんだんに取り入れる間取り設計から、日常で自然を感じたい人にはおすすめです。

三井ホーム株式会社 ホームページ

4-2.セキスイハイム

積水化学グループの住宅ブランドであるセキスイハイム株式会社は「時を経ても価値ある住まい」に1971年からこだわり続けています。高強度なユニット工法は、3階建て住宅でもぴったりです。

DESIO

強靭なボックスラーメン構造のユニット工法でつくるセキスイハイムの3階建住宅「DESIO」。縦横の空間を最大限に活かした、開放感あふれる住まいを実現してくれます。テラスや3階にリビングを設けることで眺望を確保することが可能です。

セキスイハイム株式会社 ホームページ

4-3. ミサワホーム

ミサワホームをおすすめする理由は、こだわりの高品質な木材が叶える温かく丈夫な構造と、狭さを感じさせない開放的な居住空間を実現するデザイン性の高さです。1軒1軒のために作られた高品質な木質パネルを「木質パネル接着工法」により丈夫な一体構造で仕上げ、天候や作業者に左右されない安定した品質の家づくりを実現しています。

GENIUSまちの空

「GENIUSまちの空」の特徴はガレージと開放感を味わえるスカイバルコニー。どんな敷地でも普通の3階建てにはないユメをプラスした理想の住宅を実現してくれます。

ミサワホーム ホームページ

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

まとめ

うなぎの寝床の土地でも間取りの工夫次第では、理想を詰め込んだ家が建てられます。今回ご紹介した間取り例や、費用と失敗例からわかる注意点、おすすめのハウスメーカーなどを参考に、ぜひご自身のライフスタイルに合った家づくりを成功させてくださいね。

うなぎの寝床の土地の家の間取りが知りたい

この記事では5つの間取りをご紹介しています。

うなぎの寝床の土地に家を建てた失敗例が知りたい

以下の3つの失敗例と、そこからわかる注意点をご紹介しています。

詳しくは、「3.理想を叶えるために要チェック!うなぎの寝床の失敗例と注意点」をごらんください。

うなぎの寝床に家を建てるならおすすめのハウスメーカーは?

4.うなぎの寝床のおすすめのハウスメーカー3つ」では、うなぎの寝床の土地に住宅を建てるならおすすめのハウスメーカー・工務店を3つご紹介しています。

この記事を参考に、うなぎの寝床ならではの理想の住まいづくりを成功させてくださいね。

間取りプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

こだわりの間取りで家を建てるなら、実際にハウスメーカーから「間取りプランを提案してもらうこと」が一番です。

そんな方におすすめなのが、「HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ。
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で間取りプランを一括依頼することができます。

この記事の編集者

「家づくりのとびら」編集部

NTTデータグループが運営する注文住宅相談サービス「家づくりのとびら」編集部です。難しい住まいづくりの情報を、わかりやすく正確にお伝えします。記事は不動産鑑定士や宅地建物取引士などの不動産専門家による執筆、監修記事がメイン。初めての住まいづくりをサポートします!

運営会社情報(NTTデータスマートソーシング)