このページをシェアする
2,000万円台で建てる注文住宅の間取り実例!おすすめハウスメーカーは?

この記事でわかること

  • 2,000万円台で建てられる注文住宅のイメージ・間取り実例
  • 2,000万円台の注文住宅でおすすめのハウスメーカー
  • 新築する際の注意点や費用相場・内訳

本記事では、予算2,000万円台で建てる注文住宅の間取り実例、おすすめのハウスメーカーについて紹介します。2,000万円台でのマイホーム新築を検討中・計画中の方はぜひご一読ください。

複数のハウスメーカーから見積もりや間取りプランをもらうのは、時間も労力もかかって、大変!
HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」なら、120社以上のハウスメーカーから最大5社のプラン作成依頼が可能!

なお、注文住宅の費用や相場について知りたい方は「注文住宅の平均価格」の記事をご参照ください。

1.予算2,000万円でどんな住宅を建てられるのか

一戸建て(持家)購入のデータ
平均工事費 2,349万円
平均床面積 117.6平方メートル
1平方メートルあたりの工事費 20万円
坪単価 約66万円

引用:国土交通省「2021年建築着工統計調査住宅着工統計

住宅は規模や構造によって価格が大きく異なるため、2,000万円という金額は住宅を建てるにあたって充分な予算なのか、不足しているのかと不安な方も多いでしょう。

国土交通省の「2021年建築着工統計調査住宅着工統計」によると、一戸建て(持ち家)の平均工事費は2,349万円との結果が出ています。つまり、住宅建築時における2,000万円の予算は平均的な金額であるといえるでしょう。

また、同データにおける坪単価の平均は66万円です。2,000万円台の予算であれば住宅を建てる際に中堅~大手ハウスメーカーに依頼できるでしょう。

種別 坪単価の目安
ローコストハウスメーカー 20万~55万円
中堅ハウスメーカー 45万~95万円
大手ハウスメーカー 55万~150万円

参照元:国土交通省「2021年建築着工統計調査住宅着工統計」

家づくりのとびらコラム

予算2,000万円で土地込みの注文住宅は建てられるのか

予算2,000万円で土地込みの注文住宅を建てられるかは、住宅を建てる都道府県や具体的なエリアによって異なります。

例えば、東京都23区の住宅地の地価は平均641,400円/平米(坪単価約211万円)です。つまり、2,000万円では10坪分の土地も購入できません。

しかし、同じ東京でも西多摩エリアであれば、住宅地の地価は平均106,500円/平米であるため、23区の約1/6の価格で土地を購入できます。建てるエリアによって土地の値段は大きく異なるため、建てるエリアを精査してみましょう。

また、土地込みで新築戸建てを購入する建売住宅ある程度の選択肢が決まっている規格住宅など、安価で家を購入する方法も同時に検討するとよいでしょう。
詳しく知りたい方は「注文住宅と建売住宅の違い」「規格住宅」の記事をご覧ください。

参照元:PDF 東京都財務局「令和4年地価公示価格(東京都分)の概要」

2.【2,000万円台】の注文住宅間取り実例

この章では、2,000万円台の注文住宅の間取り実例を4つ紹介します。

実際の間取りから、建てられる家のイメージをより具体的にしましょう。

2-1.【2,000万円台】で建てる「4LDK」の間取り

【2,000万円台】で建てる「4LDK」の間取り1F
【2,000万円台】で建てる「4LDK」の間取り 2F
階数 2階建て
部屋数 4LDK(+書斎+2ウォークインクローゼット)
延べ床面積 約130平方メートル(約39坪)
家族構成 4人程度
費用 2,480万円

広々としたLDKは吹き抜けになっており、2階の窓からも光が入ってくるため、より開放感のある空間となります。

また、リビングと離れた箇所に書斎があるため、テレワークが多い仕事の方でも快適な環境で仕事ができるでしょう。

2-2.【2,000万円台】で建てる「平屋・4LDK」の間取り

【2,000万円台】で建てる「平屋・4LDK」の間取り
階数 平屋(1階建て)
部屋数 4LDK(+ウォークインクローゼット)
延べ床面積 約120平方メートル(約36坪)
家族構成 3~4人程度
費用 2,300万円

広さは約36坪であるため、一般的な2階建て住宅と大きな差はありません。むしろ階段部分がないため、同じ面積の2階建て住宅よりも広く感じることもあるでしょう。

平屋にすることで、洗濯や掃除といった家事動線がスムーズになるため快適に生活できます。しかし、2階建てと同じ面積の建物を建てる場合には、その分広い土地が必要になるため、土地の購入費用は高くなる傾向にあるため注意しましょう。

間取りのポイントについては「平屋の間取り」の記事も合わせてご参考ください。おしゃれな間取り事例をご紹介しています。

2-3.【2,000万円台】で建てる「5LDK」の間取り

【2,000万円台】で建てる「5LDK」の間取り 1F
【2,000万円台】で建てる「5LDK」の間取り 2F
階数 2階建て
部屋数 5LDK(+土間収納+ウォークインクローゼット)
延べ床面積 約160平方メートル(約48坪)
家族構成 4~6人程度
費用 2,900万円

こちらの事例は5LDKに加え、玄関の土間収納やウォークインクローゼットを取り入れた広々とした間取りです。

各所に収納箇所が豊富にあるため、収納には困りません。また、部屋数も多いため、テレワークスペースや書斎、二世帯住宅としても利用できます。

収納面にこだわった間取り事例について知りたい方は「収納スペースを充実させた間取り事例」「ウォークインクローゼットの間取り事例」の記事も合わせてご参考ください。

2-4.【2,000万円台】で建てる「二世帯・4LDK」の間取り

【2,000万円台】で建てる「二世帯・4LDK」の間取り 1F
【2,000万円台】で建てる「二世帯・4LDK」の間取り 2F
階数 2階建て
部屋数 4LDK(+書斎+2ウォークインクローゼット)
延べ床面積 約120平方メートル(約36坪)
家族構成 4~5人程度
費用 2,800万円

こちらの事例は4LDKに書斎とウォークインクローゼットがついた二世帯住宅の間取りです。
1階に親世代の寝室を置き、洗面所や浴室、キッチンなどは共有する形となります。

ウォークインクローゼットは2つあるため、各世帯で分けて使うことができます。
また、書斎がある2階にもトイレが設置されているため、仕事中にわざわざ1階のトイレに行く必要がありません。

親世代に加えて、4人のファミリー世帯が不便なく生活できる間取りと言えます。なお二世帯住宅について、もっと違った事例も見たいという方は「二世帯の間取り」の記事もご覧ください。

また、各社が作成する「間取りプラン」を見ながらハウスメーカー・工務店を比較したいという方にはHOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービスがおすすめです。
住宅展示場のモデルハウスや営業所を訪問する前に、希望条件に沿った間取りプランを取り寄せることができます。

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

3.「2,000万円台」の注文住宅でおすすめのハウスメーカー

予算2,000万円台で建てられる間取り実例を紹介しましたが、どのハウスメーカーであれば予算2,000万円台で建てられるのか気になる方も多いでしょう。

予算2,000万円台で注文住宅を建てられるおすすめのハウスメーカーは以下のとおりです。

それぞれのハウスメーカーについて紹介します。

3-1.一条工務店


アイ・キューブ|性能を追求する住宅メーカー【一条工務店】

出典:アイ・キューブ|性能を追求する住宅メーカー【一条工務店】

一条工務店は住宅展示場への出展数が住宅業界No.1。2,000万円台での注文住宅の新築もしっかりと狙えるハウスメーカーです。

ただし、オプション工事等を加えるとさらに費用がかかり、予算オーバーする可能性もあるため、必ず2,000万円台におさめる必要がある際には注意が必要です。

モデルハウスが標準仕様で建てられているため、まずはお近くの住宅展示場で実際にモデルハウスを見学してみるのもいいでしょう。

一条工務店 公式HP

3-2.ユニバーサルホーム


ユニバーサルホーム

ユニバーサルホームは安価に良質な家を建てるハウスメーカーとして評価の高いハウスメーカーです。

住宅価格を抑えられている理由の1つがフランチャイズシステムです。
大量発注による資材購入費用の削減や施工会社との中間マージン削減によって、住宅価格を抑えています。

また、ユニバーサルホームでは特許を取得している「地熱床システム」の住宅を建てられるため、季節を問わず快適に生活できます。

ユニバーサルホーム 公式HP

3-3.アイ工務店


アイ工務店

アイ工務店は大阪に本社を置くハウスメーカーですが、関西だけでなく関東や北陸、東海、中国、四国、九州など幅広いエリアに事業所を展開しています。

アイ工務店は比較的安価なハウスメーカーでありながら、一年間のエネルギー収支をゼロ以下にする「ZEH住宅」に力を入れているため、環境性能に優れた住宅に興味がある方は検討してみましょう。

アイ工務店 公式HP

3-4.アキュラホーム


超空間の家Neo|注文住宅のアキュラホーム

出典:超空間の家Neo|注文住宅のアキュラホーム

アキュラホームでは1mm単位の完全自由設計が可能なため、品質と価格にこだわった家づくりが可能です。

アキュラホームは全国250社のホームビルダーと独自のネットワークを形成しています。そのため、全国規模での大量一括仕入れを可能にしており、仕入れコストを抑えた分が住宅価格に反映されています。

アキュラホーム 公式HP

3-5.ヤマト住建


エネージュ UW | 注文住宅のヤマト住建

出典:エネージュ UW | 注文住宅のヤマト住建

ヤマト住建はテレビCMや印刷物にかかる広告費を最小限に抑えることで、高性能な住宅を適正価格で提供しています。

また、ヤマト住建では、CO2排出量をゼロ以下にするZEH住宅など省エネ住宅にも力を入れています。
特に、LCCM住宅はまだ取り扱っているハウスメーカーが多くないため、LCCM住宅に興味がある方、環境性能に優れた住宅に興味がある方はヤマト住建の「エネージュLCCM」を検討してみましょう。

ヤマト住建 公式HP

ハウスメーカー・工務店選びをスムーズに進めたいなら、HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービスが便利です。
オンライン上から「間取りプラン」「資金計画プラン」「土地探しプラン」を各ハウスメーカー・工務店に簡単に依頼することができます!

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

4.予算2,000万円で注文住宅を建てる際の注意点

予算2,000万円台で注文住宅を建てる際の注意点は以下のとおりです。

それぞれについて解説します。

4-1.平屋が安いとは限らない

平屋は2階建て住宅よりも安いとは限りません

平屋は建築時に高さのある足場を作らなくていいことや、2階建て住宅よりも総額が小さいケースが多いことから2階建てよりも安いと言われることがあります。
しかし、平屋は建物が横に広がるため、2階建てよりも基礎工事と屋根工事の費用がかかります。

また、平屋は延床面積が2階建て住宅よりも小さい物件が多いため、表面的な価格は抑えられますが、2階建て住宅と全く同じ面積の平屋を作る際には、平屋のほうが高くなる傾向にあります。

平屋が割高になりやすい理由について詳しく知りたい方は「平屋の坪単価」の記事を合わせてご覧ください。

4-2.外観や設備が制限されることがある

予算2,000万円台で注文住宅を建てる際には、外観や設備が制限されるケースがあるため注意しましょう。安価で建てるために、選択肢を少なくするケースが多くあります。

逆に、外観や設備でオプションなどを追加する場合には予算オーバーになることがあります。注文住宅を建てる際には、予算オーバーしないように優先順位を明確にしましょう。

それぞれのポイントについては「注文住宅の外観デザイン」「注文住宅でおすすめの設備」の記事で詳しく解説しています。

4-3.総費用をもとに判断する

注文住宅では、建物工事費だけでなく総費用をもとに判断しましょう

住宅を建てる際には建物工事費以外に、付帯工事費や諸費用がかかります。塀や庭などの外構にこだわりたい場合は予算オーバーしてしまう可能性もあるため、事前に正確な見積もりを依頼しましょう。

新築住宅の見積もり方法について知りたい方は「注文住宅の見積もり」の記事を合わせてご参照ください。

また、見積もりを依頼する前に「自分が建てたい家はどれぐらいの費用相場なのか」を把握しておくことが大切です。

建てたい家の費用相場を調べる際におすすめなのが、「HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス 」。家の希望条件から「費用計画プラン」「間取りプラン」、必要に応じて「土地探しプラン」までオンラインから複数ハウスメーカーに作成依頼することが可能です。

自分にあったハウスメーカー
プラン作成依頼へ

HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

5.住宅を建てる際にかかる費用の相場と内訳

住宅を建てる際には3つの費用がかかります。

それぞれの費用の相場と内訳について解説します。

5-1.建物工事費

建物工事費とは建物を建てる際にかかる費用で、総建築費の70%ほどを占めます。

建物工事費は、建物の坪単価を計算する際に用いることが多く、「建物工事費÷坪数」で算出した坪単価を提示しているハウスメーカーが多いです。
そのほかの費用が含まれておらず、実際に支払うことになる総建築費とは異なるため注意しましょう。

5-2.付帯工事費

付帯工事費とは、建物に付帯する設備などにかかる費用で、建築費全体の20%ほどを占めます。

付帯工事費の例は以下のとおりです。

  • 照明、エアコンの購入・設置費用
  • 水道管やガス管の引き込み費用
  • 地盤調査・地盤改良費用
  • 塀や車庫などの外構工事費用

付帯工事費は、こだわればこだわるほど費用がかかる部分でもあります。また、地盤改良などで多くの費用がかかるケースもあるため、事前に見積りを取って打ち合わせしましょう。

5-3.諸費用

諸費用とは住宅購入の契約などにかかる費用で、建築費全体の10%ほどを占めます。

諸費用の具体例は以下のとおりです。

  • 住宅ローンの手数料や保証料
  • 印紙税
  • 登録免許税
  • 不動産取得税

住宅購入以外では馴染みのない項目が多いため、どのタイミングでいくら必要なのかを事前に明確にしておきましょう。

費用項目について詳しく知りたい方は「注文住宅の費用内訳」の記事をご覧ください。
また、家を新築する費用計画・資金計画の立て方をプロにご相談したい方にはHOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスが便利です。

【必見】家づくりの流れ、
費用・相場を知りたい方へ

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談がおすすめ!

  • 資金計画の考え方がわかり、相談できる 住宅業界に詳しい専門アドバイザーが、【中立な立場】で資金計画の考え方をご説明。住みたいエリアの坪単価などもお調べします
  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • かんたんに自宅から相談できる スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

【無料】相談する時間を選ぶ

何が相談できるか詳しく見る

6.総額の見積もりや間取りプランの作成を依頼しよう

注文住宅を建てる際には、建物工事費だけでなく、付帯工事費や諸費用などを含めた総額で判断する必要があります。

しかし、インターネットなどで得られる情報の多くは建物工事費をもとにした坪単価であるため、予算の範囲内でどのような住宅を建てられるのか、正確に判断するのは難しいでしょう。

そこでおすすめなのがHOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービスです。無料で間取りプラン作成の依頼をできるため、具体的な住宅プランを手に入れることができます。

HOME4U「家づくりのとびら」複数ハウスメーカーに「間取り図」「資金計画」「土地探し」をまとめて依頼!

こんな方におすすめ!

  • 自分が建てたい家にはどれぐらいの予算が必要なのかが知りたい!
  • 実際の間取りプランを比較したい
  • 住宅展示場に行く前にハウスメーカー・工務店を絞り込みたい!

ハウスメーカー・工務店選びで悩んでいる方におすすめのサービスです。ぜひ活用してみてくださいね。

自分にあったハウスメーカー
プラン作成依頼へ

HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

まとめ

本記事では、予算2,000万円台で建てる注文住宅の間取り実例やおすすめのハウスメーカーについて紹介しました。

国土交通省の調査によると、一戸建て(持ち家)の平均工事費は2,349万円であるため、2,000万円台の予算であれば、平均的な住宅を建てられることがわかります。

しかし、設備のオプションなどを追加する場合は予算オーバーになる可能性もあるでしょう。予算オーバーにならないためにも、予算内で可能な間取りプランや設備、外構などを明確にしましょう。

具体的な計画を立てる際には、家族だけでなくプロの意見を参考にしながら決めるのがおすすめです。HOME4U 家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスHOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービスなど、お得なサービスを早めに利用し、効率よく進めてくださいね。

また、以下の記事では、そのほかの価格帯で建てられる家の間取り事例やイメージも解説しているので、ぜひ一緒にご覧ください。

【予算別】
注文住宅の間取り実例・おすすめハウスメーカー

1,000万円台の注文住宅 2,000万円台の注文住宅 3,000万円台の注文住宅

間取りプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

こだわりの間取りで家を建てるなら、実際にハウスメーカーから「間取りプランを提案してもらうこと」が一番です。

そんな方におすすめなのが、「HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ。
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で間取りプランを一括依頼することができます。

この記事の編集者

「家づくりのとびら」編集部

NTTデータグループが運営する注文住宅相談サービス「家づくりのとびら」編集部です。難しい住まいづくりの情報を、わかりやすく正確にお伝えします。記事は不動産鑑定士や宅地建物取引士などの不動産専門家による執筆、監修記事がメイン。初めての住まいづくりをサポートします!

運営会社情報(NTTデータスマートソーシング)