このページをシェアする
注文住宅でウッドデッキをつくりたい!間取り例と費用相場を解説

ウッドデッキには限られた空間を広く見せる効果があり、開放感がある家づくりを希望している場合におすすめの選択肢のひとつです。ただし、ウッドデッキにはメリットとデメリットがあるので、設置前に知っておくと安心ですよ。

ウッドデッキを設置するメリット
  • 家族やペットとリラックスしてコミュニケーションが取れる
  • 洗濯ものを干すスペースにも活用できる
  • つながる部屋の開放感がアップする
  • BBQやDIYなど楽しむ場所として活用できる
ウッドデッキを設置するデメリット
  • メンテナンスが必要になる
  • 掃除の手間が増える
  • 設置費用がかかる

この記事では、ウッドデッキを取り入れた間取りの紹介や、実現するための費用相場などをご紹介します。注文住宅にウッドデッキの設置を検討している方必見ですよ!

家に光と風を取り組み開放的に 子供たちやペットの遊び場に 空間広がるアウトドアリビングに
家に光と風を取り組み開放的に 子供たちやペットの遊び場に 空間広がるアウトドアリビングに

ウッドデッキのある家が叶える生活イメージ

・コミュニケーションの場としてウッドデッキが大活躍する間取り

ウッドデッキは家族や友人との憩いの場として活用できます。夏にはビニールプールを設置して子供と一緒に楽しんだり、知人を招いてバーベキューパーティーをしたり…。週末は家族と屋外でブランチしたり、お気に入りのお茶を入れて読書したりと、いつもの生活にちょっと贅沢をプラスしてくれます。家族や友人とのコミュニケーションの場としてウッドデッキが大活躍している間取りはこちらです。

1-3.【24坪】日当たりの良い南側に長いウッドデッキを設置した間取り

・洗濯ものを干すスペースを確保し、家事動線が快適な間取り

洗濯ものを干す場合にも、ウッドデッキが活用できます。一般的にウッドデッキの高さは部屋と合わせられるため、洗濯ものや布団を抱えての移動も楽ですよ。庭に干すよりも家事動線が楽で、日当たりのよいスペースで洗濯物や布団がカラッと乾かせます。ゆったりとしたサンルームから続くウッドデッキで、洗濯動線の良い間取りはこちらです。

1-1.【38坪】洗濯動線が便利なウッドデッキがある間取り

・生活のなかで解放感を感じられる暮らしの間取り

ウッドデッキを部屋から続くように高さを合わせて設置すれば、空間を広く見せることができます。狭小地に家を建てる場合でも、ウッドデッキを効果的に設置すれば開放感が演出できるでしょう。ウッドデッキ側に開口の大きな窓を設ければ、爽やかな風と光が入ります。空間を上手に利用し、屋内に光と風を取り込める間取りはこちらです。

1-2.【30坪】風と光を引き込む中庭にウッドデッキテラスがある間取り

複数のハウスメーカーから見積もりや間取りプランをもらうのは、時間も労力もかかって、大変!
HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」なら、120社以上のハウスメーカーから最大5社のプラン作成依頼が可能!

1.ウッドデッキが楽しめる間取り5選.

ここからは、ウッドデッキを上手く取り入れている間取りを5つご紹介します。ウッドデッキは形や配する場所によっても違った印象を与えます。ウッドデッキをつくる際の参考になる間取りを確認しておきましょう。

1-1.【38坪】洗濯動線が便利なウッドデッキがある間取り

晴れでも雨でも洗濯物が楽々干せる

【38坪】洗濯動線が便利なウッドデッキがある間取り1F
【38坪】洗濯動線が便利なウッドデッキがある間取り2F
居住者の感想 サンルームとウッドデッキで洗濯物がたっぷり干せて便利です。
世帯 夫婦2人+子供1人
延べ床面積 38坪
間取り 2階建て3LDK(+サンルーム+ウッドデッキ+ウォークインクローゼット+バルコニー)
費用 約2,620万円

部屋と庭のつながりをもたせるために配置したL字型のウッドデッキのおかげで、さらに開放感のある仕上がりになっています。全体的に木の素材感を生かしたつくりで、くつろげる空間を演出しています。水回りから近い場所のサンルームから続くウッドデッキは、洗濯物を干す際も楽々。家事動線が良いので快適な暮らしが実現できる間取りです。

1-2.【30坪】風と光を引き込む中庭にウッドデッキテラスがある間取り

LDKも子供部屋からもウッドデッキでつながる暮らし

【30坪】風と光を引き込む中庭にウッドデッキテラスがある間取り
居住者の感想 長い平屋を暮らしやすい形に設計した家で、動線や収納にこだわりました。
世帯 夫婦2人+子供2人
延べ床面積 30坪
間取り 間取り 平屋3LDK(+シューズクローク+パントリー+ウッドデッキテラス+ウォークインクローゼット)
費用 約2,100万円

日当たりがよく、存在感のあるウッドデッキテラスが魅力的な間取りです。リビングからフラットにつなげられているため、空間の広がりがより強調されています。コの字型で家の中にインナーテラスとして作ったため、各部屋に光を取り込んだり、リビングにいながら子供部屋の様子を感たりでき、家族のつながりも生まれる間取りになっています。

1-3.【24坪】日当たりの良い南側に長いウッドデッキを設置した間取り

吹き抜けとウッドデッキで光あふれる家

【24坪】日当たりの良い南側に長いウッドデッキを設置した間取り1F
【24坪】日当たりの良い南側に長いウッドデッキを設置した間取り2F
居住者の感想 広いウッドデッキを設置したことで、季節ごとに家族の憩いの場となっています。
世帯 夫婦2人+子供1人
延べ床面積 24坪
間取り 2階建て2LDK(+ウッドデッキ+バルコニー+ウォークインクローゼット)
費用 約1,870万円

狭小地にありながら、ウッドデッキの活用で広々と開放感のある空間を実現した間取りです。広くない敷地面積にあえてウッドデッキを設けることで、空間の広がりを重視しています。ウッドデッキで水遊びや朝食を楽しむなど、屋外ならではの楽しみが増えたのがメリットです。敷地面積が狭いことを逆手に取ったアイディア満載の間取りだといえるでしょう。

1-4.【40坪】平屋ならではの解放感を味わうウッドデッキがある間取り

ウッドデッキで自然とつながるLDKのある家

【40坪】平屋ならではの解放感を味わうウッドデッキがある間取り
居住者の感想 平屋ならではの静けさと開放感が実現できました!大きな窓からたっぷりの日差しが入る、落ち着く住まいです。
世帯 夫婦2人
延べ床面積 40坪
間取り 平屋3LDK(+パントリー+ウォークインクローゼット+ウッドデッキ+テラス)
費用 約2,600万円

ゆとりのある敷地を利用した、落ち着きのある平屋の間取りです。リビングからは広いウッドデッキの出入りが自由で、開放感もたっぷり味わえます。大きな窓を設置したことで、日当たりのよい住まいが完成しました。広いLDKをゆるやかに分けるなど、こだわりのある空間づくりが特徴的です。

1-5.【38坪】室内にも外観にも解放感を生むウッドデッキがある間取り

広いリビングと一体感あるウッドデッキのある家

【38坪】室内にも外観にも解放感を生むウッドデッキがある間取り1F
【38坪】室内にも外観にも解放感を生むウッドデッキがある間取り2F
居住者の感想 土地の高低差を活かした別荘のような家にしました。ウッドデッキのおかげで非日常感があって、別荘のような雰囲気に満足しています。
世帯 夫婦2人+子供2人
延べ床面積 38坪
間取り 2階建て4LDK(+ウッドデッキ+ウォークインクローゼット+家事室+バルコニー)
費用 約2,100万円

自然豊かな傾斜地に建てた条件を生かし、家にいながら自然を満喫できる間取りです。玄関前までつながっているウッドデッキは、まるで別荘にいるかのような雰囲気を演出しています。LDKはゆったりと余裕を持って設計されており、開放的な空間を楽しめます。自宅から季節ごとの自然を感じられる間取りです。

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

2.ウッドデッキがある家の費用相場

2-1.注文住宅にウッドデッキを設置する費用目安

注文住宅にウッドデッキを設ける場合の費用は、主に次のとおりです。

  • ウッドデッキ2坪:約3万6千円〜18万円
  • ウッドデッキ3坪:約6万円~30万円

ウッドデッキの設置にかかる費用は、大きく分けてウッドデッキ本体の費用と設置工事の費用に分けられます。利用する素材や取り付ける場所によっても費用に差が出ます。

またウッドデッキを設置すると、メンテナンスコストがかかります。塗装のみなら約3,000円~6,000円/㎡程度ですが、張替える場合は、上記の相場と同じくらいかかります。ウッドデッキを設置する方は、設置後のコスト面も考えておくとよいでしょう。

2-2.ウッドデッキのある注文住宅の費用シミュレーション

【例】24坪木造2階建てにウッドデッキを設置した場合の費用シミュレーション

建築費用合計:約1,870万円

<内訳>

建築本体工事費:約1,309万円
付帯工事費、別途工事費:約374万円
そのほか諸費用:約187万円

※あくまでもシミュレーションです。お住まいの地域の土壌によって変動するのでハウスメーカー・工務店に確認しましょう。

以上、ウッドデッキのある注文住宅の費用の目安をご紹介しましたが、家を建てるに必要な費用の内訳や目安について知りたい方は、下記の記事も併せてご覧ください。

3.知っておきたいウッドデッキの失敗例から分かる注意点

ウッドデッキの設置は、空間を広く利用したい場合に有効な手段ですが、いくつかのデメリットがあるのも事実です。たとえば、次のような失敗例が挙げられます。注意点を確認しておきましょう。

3-1.【環境面】夏場は日差しが強くあまり利用できない

プールやBBQするために屋根をつければよかった…

屋根がないウッドデッキを設置してしまい、直射日光が強く木材が熱を帯びてしまうために、夏場はウッドデッキを利用できなくなってしまいました。設置工事の際には、価格を優先してしまったため、屋根まで考えが及びませんでした…。子供たちの遊び場として、夏場はビニールプールを設置したいと考えていたのに、思っていたように水遊びができず子供も残念そうです。

注意点:利用目的によって屋根のあるウッドデッキを検討する

ウッドデッキが夏場に暑くなりすぎてしまう問題を解決するには、屋根の設置を検討しましょう。屋根があるウッドデッキは、強い日差しや雨の中でも利用が可能です。

屋根があると雨風や日光が直接当たることを防げるため、劣化スピードを遅らせることができます。ただし、ウッドデッキに屋根を設けたことで、隣接する部屋に差す光を遮ってしまう可能性も否定できません。

メリットとデメリットを比較して、屋根の設置を検討しましょう。

3-2.【設備面】安価な素材を選んだらメンテナンスに手がかかる

安くウッドデッキが完成したら思ったら、その後お金がかかることに…

比較的安い素材を使って、コストを抑えてウッドデッキが完成できました。でも、安かったせいか耐久性が悪く、すぐにメンテナンスが必要になり、結果的に無駄にお金がかかっている気がします。

注意点:素材の検討を十分に行う

ウッドデッキは、素材ごとに雰囲気や耐久性などの特徴が異なります。値段だけではなく、さまざまな方面から検討することで、適切な素材を選ぶことが可能です。
素材の選択によって、後々のメンテナンスの負担も変わってくるため、慎重に検討するのが解決策です。

ウッドデッキの失敗例を見てきましたが、夢のマイホームを建てるなら「絶対に後悔したくない」ですよね。以下の記事では、新築の注文住宅でよくある失敗例と後悔しないための対策をご紹介しています。併せてご覧ください。

4.ウッドデッキのある家ならおすすめのハウスメーカー3選

ウッドデッキの設置は、素材選びから安全性を考えた施工工事までをカバーしてくれるハウスメーカー・工務店を利用するのがオススメです。今回は以下の3つのハウスメーカー・工務店をご紹介します。

また、美しいデザインだけではなく、住みやすさも追求した設計をしてくれるのもポイントです。実用性と見た目の美しさが求められるウッドデッキの設置にも、しっかりと向き合ってくれるハウスメーカー・工務店です。

4-1.アキュラホーム

存在感のあるウッドデッキの設置実例があるアキュラホームでは、完全自由設計を掲げ入居者の理想の家を作り上げるサポートをしてくれます。全棟デザイナー監修なため、思い描いたイメージを実現しやすいでしょう。

大空間の家

アキュラホームの「大空間の家」は、五感に訴える開放的なデザインと安心安全を兼ね備えた住まいです。大空間でも耐震性にすぐれ、全管空調で快適な暮らしを約束してくれます。吹き抜けや大きな窓による解放感を生み出すデザインには、部屋と続くウッドデッキも合います。大きな窓で外からの視界が気になる場合は、インナーテラスにウッドデッキを設置すると第二の部屋のような開放的なくつろぎスペースになるでしょう。

アキュラホーム ホームページ

4-2.タマホーム

タマホームは、広々と開放感のあるウッドデッキを設けた注文住宅を豊富に手掛けています。リビングから庭へつながるウッドデッキは、家族が集まって過ごせる安全性が確保されているため安心です。

理想の家づくりを手助けしてくれるタマホームは、良質な国産材の使用にもこだわりがあります。ウッドデッキの素材選びにも適切なアドバイスをもらえるでしょう。

大安心の家

タマホームのなかでも人気の高い「大安心の家」は、無駄なコストを省きながらも高性能の住宅を実現してくれます。長期優良住宅が標準仕様となっており、浮いた予算でウッドデッキの設置もできるでしょう。住む人のこだわりを取り入れた住まいづくりが可能。好みの素材を組み合わせることができるので、屋内と統一したデザイン性の高いウッドデッキを実現できますよ。

タマホーム ホームページ

4-3.コスモ建設

コスモ建設では、天然木や人工木、樹脂木などそれぞれの素材の特徴をしっかりと把握し、ウッドデッキづくりをサポートしてくれます。ウッドデッキはベランダの延長としてだけではなく、友人とのパーティーや家族の憩いの場としても利用が可能です。

利用用途に合ったウッドデッキの設計をサポートしてくれるため、理想的な空間を作り上げることができるでしょう。

コスモ建設 ホームページ


【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

まとめ

ウッドデッキのある注文住宅を作るなら、どんな風に活用したいか、目的を考えたうえで間取りを考えることが重要です。この記事ではウッドデッキのある注文住宅の間取り事例や費用相場、注意点、おすすめのハウスメーカーをご紹介しました。ぜひ、参考にして、理想の住まいづくりを成功させてくださいね。

ウッドデッキが楽しめる間取りが知りたい

ウッドデッキを上手く取り入れている間取りを5つご紹介します。ウッドデッキは形や配する場所によっても違った印象を与えます。ウッドデッキをつくる際の参考になる間取りを確認しておきましょう。

注文住宅にウッドデッキを設置する費用相場は?

ウッドデッキ2坪の場合、約3万6千円〜18万円程度が費用の目安です。
詳細やこだわりのウッドデッキを設置した注文住宅の費用相場は「2.ウッドデッキがある家の費用相場」でご紹介します。

ウッドデッキの失敗例を知りたい

ウッドデッキの設置には、次のような失敗例が挙げられます。

3.知っておきたいウッドデッキの失敗例から分かる注意点」では、失敗例の詳細と具体的な対策をご紹介します。

ウッドデッキのある家を建てるならおすすめのハウスメーカーは?

ウッドデッキの設置は、素材選びから安全性を考えた施工工事までをカバーしてくれるハウスメーカー・工務店を利用するのがオススメです。「4.ウッドデッキのある家ならおすすめのハウスメーカー3選」ではおすすめの3つのハウスメーカー・工務店をご紹介します。

ウッドデッキのある注文住宅を建てたい方は、ぜひこの記事をお役立てください。

この記事の編集者

「家づくりのとびら」編集部

NTTデータグループが運営する注文住宅相談サービス「家づくりのとびら」編集部です。難しい住まいづくりの情報を、わかりやすく正確にお伝えします。記事は不動産鑑定士や宅地建物取引士などの不動産専門家による執筆、監修記事がメイン。初めての住まいづくりをサポートします!

運営会社情報(NTTデータスマートソーシング)