このページをシェアする
注文住宅でバリアフリーな暮らしをしたい!間取り例と費用相場を解説

車イスでも快適に通れる廊下。段差がなくストレスを感じさせない構造。部屋中思い通りに過ごすことのできる間取りは、日々の生活にストレスを感じさせません。

この記事では「バリアフリーの生活」のメリット、デメリット、間取り例や注意点をわかりやすく解説していきます。

バリアフリーで実現できる理想の暮らし
ストレスが軽減される快適な暮らし 将来もずっと安心の暮らし 二世帯が笑顔で暮らせる家
ストレスが軽減される快適な暮らし 将来もずっと安心の暮らし 二世帯が笑顔で暮らせる家
バリアフリーのメリット
  • 家事が楽になる
  • 平屋にすることで階段を使わず安心して暮らせる
  • 将来的なリスクへの対策になる
  • 車イスでも心地よく暮らせる
バリアフリーのデメリット
  • バリアフリーの条件を一つ一つクリアするのが大変
  • 十分な敷地面積が求められる
  • 多くの場合、平屋となるため防犯対策が必要
  • トイレやお風呂が狭くなりやすい

「バリアフリーで〇〇したい!」を叶える間取り

・車イスでも快適に暮らしたい!

車イスで生活をしている場合、階段の上り下りが難しくなるため、平屋がおすすめです。また、玄関には通常のドアだけではなく、スロープや車イス用のリフトに移動できる出入り口を別に設置することで、快適に出入りができるようになります。

1-1.【31坪】車イス生活でも快適に暮らせる間取り例

・家事の負担を減らしたい!

高齢者や身体を動かすことが大変な方の場合、洗濯物を洗って、ベランダに持っていき、干して、乾いたら取り込んで、畳んで収納して…という作業は大変なことでしょう。その場合は、全てを同じ場所で完結できるランドリールームを兼ねた設計をすると、洗濯物の負担を軽減できます。

1-2.【34坪】子供育ても老後も安心して暮らせる間取り例

・安心して暮らしたい!

「人生100年時代」といわれて久しいですが、高齢になるほど自分の身に何が起こるかはわかりません。万が一のときのために、安心して快適に暮らせるバリアフリー設計にしておくことは、今後ますます重要になります。家を建てる際は、将来を見越した暮らしやすさも考慮した間取りにするのがおすすめです。

1-5.【41坪】将来を見据えた設計の間取り例

複数のハウスメーカーから見積もりや間取りプランをもらうのは、時間も労力もかかって、大変!
HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」なら、120社以上のハウスメーカーから最大5社のプラン作成依頼が可能!

1.バリアフリー住宅での暮らしの間取り例5選

バリアフリーの暮らしの間取り例を、実際の間取りを見ながら確認していきます。実際にバリアフリー住宅に住んでいる住民の感想や、バリアフリーならではの工夫をわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

1-1.【31坪】車イス生活でも快適に暮らせる間取り例

細部にこだわったバリアフリーの家

【31坪】車イス生活でも快適に暮らせる間取り例
居住者の感想 夫婦2人で家づくりを考えて、細部まで暮らしやすいかどうかをこだわりました。今では誰かにオススメしたくなるほど満足しています。
世帯 夫婦2人
延べ床面積 31坪
間取り 平屋1LDK(+ウォークインクローゼット+書斎)
費用 約2,200万円

車イスで階段の上り下りをしなくても済むよう、平屋にした間取りです。入浴介護が必要な場合でも、洗面脱衣室を広くつくることで余裕をもって動けます。また、家具を置いても車イスでスムーズに移動できる広さを確保することで、心地よい暮らしが実現します。

1-2.【34坪】子供育ても老後も安心して暮らせる間取り例

回遊性ある間取で子供が駆け回れる

【34坪】子供も安心して暮らせる間取り例
居住者の感想 キッチンを中心に回遊でき、扉を引き戸にしてLDKと一体感のある間取りにしたおかげで、仕切りがほとんどなく移動がとてもスムーズです。子供が駆け回っても安心です。
世帯 夫婦2人 + 子供1人
延べ床面積 34坪
間取り 平屋4LDK(+ウォークインクローゼット+ランドリールーム)
費用約 2,500万円

生活動線を意識して設計された間取りです。ランドリールームで洗う、干す、たたむという作業が完結できるため、洗濯の負担を軽減できると同時に、回遊性があるため子供も元気に駆け回れます。段差のない作りなので、小さな子供が暮らすのにも安心できます。

1-3.【37坪】柱がなく開放感のある間取り例

高天井を活かして開放的な空間を演出

【37坪】柱がなく開放感のある間取り例
居住者の感想 屋根を高く設け、柱のない作りにしたことでとても開放的なリビングになりました。家にいることが多いですがとても快適です。
世帯 夫婦2人+子供1人
延べ床面積 37坪
間取り 平屋3LDK(+ウォークインクローゼット+畳コーナー)
費用 約2,500万円

平屋建ては階段がないためバリアフリーに向いており、天井高も確保できるので開放感が増します。また、バリアフリーはどうしても室内空間が狭くなりがちですが、廊下面積を必要な分をしっかり確保しつつ可能な限り減らすことで、ゆとりある空間を実現しています。

1-4.【36坪】掃除の負担も軽減される間取り例

将来も安心の住まい

【36坪】掃除の負担も軽減される間取り例【36坪】掃除の負担も軽減される間取り例
居住者の感想 建て替え前は広すぎて掃除が大変でしたが今はラクです。住み心地は想像以上。苦痛だった冬の寒さが解消して、夏もエアコン1台で快適です。
世帯 夫婦2人 + 子供1人
延べ床面積 36坪
間取り 平屋3LDK(+土間収納+サンルーム+ウォークインクローゼット+ロフト+テラス)
費用 約1,500万円

LDKを中心に居室を配置し、空間をコンパクトにすることで家事の負担を減らした間取りです。移動が困難な方におすすめです。土間収納があれば、将来車いす生活になっても外用の車いすを収納でき便利です。

1-5.【41坪】将来を見据えた設計の間取り例

各部屋が段差もなくフラットにつながる

居住者の感想 将来を見据えて完全バリアフリー設計にしました。将来的にも安心で、現在の快適性にもこだわっているためとても満足しています。
世帯 夫婦 + 子供2人
延べ床面積 平屋41坪
間取り 平屋3LDK(+インナーテラス)
費用 約3,600万円

将来のことを考えて完全バリアフリー設計をしておくことで、いつ何があっても安心して自宅で快適に過ごせます。浴室は介護者が一緒に入ることができるように設計されており、車イスでも余裕をもって通れる広さになっています。

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

2.バリアフリー住宅の費用相場

2-1.バリアフリー住宅の費用相場はどのくらい?

バリアフリーの注文住宅の費用相場は、広さや土地にもよりますがローコストであれば1,000万円前後、ハイコストであれば3,500万円前後となっています。

リフォームであれば平均400万円から500万円ほどで、大掛かりな変更となる場合は1,000万円ほどかかります。

また、35坪であれば家族4人で住むこともできますが、バリアフリー設計の場合は室内が狭くなる可能性があるため、注意しておきましょう。

2-2.代表的なバリアフリー物件の費用シミュレーション

バリアフリー物件であったとしても、坪単価は場所、ハウスメーカー・工務店によって異なります。特に、平屋の場合は2階建と比較すると2階部分がないため、坪単価が高額になることがあります。

ここでは、バリアフリーの平屋、3LDK30坪建てた際のシミュレーションをします。

【例】平屋35坪の3LDKを建てた場合

建築費用合計:約3,025万円

<内訳>

基本工事費:1,800万円
付帯工事費(玄関部分の勾配、階段、浴槽のバリアフリー化、手すり、スロープ):400万円
・外構費(ガレージ、他最低限、植栽は除く):200万円
設計料、経費:350万円
消費税:275万円

※あくまでもシミュレーションです。お住まいの地域の土壌によって変動するのでハウスメーカー・工務店に確認しましょう。

以上、バリアフリーの注文住宅の費用の目安をご紹介しましたが、家を建てるに必要な費用の内訳や目安について知りたい方は、下記の記事も併せてご覧ください。

また、費用面や資金計画について個別のご相談をしたい方におすすめなのが、完全無料でプロのアドバイザーに相談できる「HOME4U 家づくりのとびらです。

【必見】家づくりの流れ、
費用・相場を知りたい方へ

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談がおすすめ!

  • 資金計画の考え方がわかり、相談できる 注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】で資金計画の考え方をご説明。住みたいエリアの坪単価などもお調べします
  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • かんたんに自宅から相談できる スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

【無料】相談する時間を選ぶ

何が相談できるか詳しく見る

3.理想を叶えるためにチェックすべきバリアフリーの失敗例と注意点

3-1.【計画段階】空気のバリアフリーが不足

ヒートショックの心配があります

バリアフリーの家を実現できたものの、空気のことまで考えていませんでした。お風呂場と脱衣所や廊下の温度差が激しく、ヒートショックの心配が…。ヒートショックの予防も重要ですね。

注意点:気密性や断熱性も重要

バリアフリーで老後も安心の暮らしを実現したいと家を建てても、気温差のことまで考えないケースが多くあります。老後の暮らしを安心なものにするには、ヒートショックが起きないよう各部屋の気温差をなくす工夫も必要です。

気密性や断熱性をしっかりするのはもちろん、ハウスメーカー・工務店によっては低コストで年中快適に暮らせる全館空調システムを採用しているところも多くありますので、相談してみるとよいでしょう。

3-2.【計画段階】段差が必要な場所にない

段差のないバリアフリーな家にしたけど、腰かける場所がない

高齢のため、段差のないバリアフリーの家にしたものの、実際に生活してみると、段差がない不便さもありました。たとえば玄関は帰宅後腰かけて休んだり、靴を履くときに座ったりする段差があるほうが楽でした。

注意点:生活の行動をイメージした設計を

段差のないバリアフリーは車いすの移動が楽になったり、段差で転倒したりするリスクが減ります。しかし、生活のなかでは、段差に少し腰かけたり、段差を利用して立ち上がったりしたいシーンも出てくるものです。

注文住宅を建てる際は、暮らしのイメージを反映した設計にすることも大切です。バリアフリーの実績があるハウスメーカー・工務店なら、実例が多くあるので相談してみるのもおすすめです。

3-3.【計画段階】何も考えずにバリアフリーにしてしまった

使わない設備までつけてしまいました

「将来のために」と考え、あれば良さそうな設備やバリアフリー設計をしました。その結果、高いお金をかけたものの、実際にはあまり使わない設備をつけてしまったり、自分の暮らしには合わない設計になってしまったりして、後悔しています。

注意点:バリアフリーにする目的を考える

「バリアフリー設計にすれば将来的に安心」という漠然としたイメージで設計を進めてしまうと、後で後悔するかもしれません。「何のためにバリアフリーにするのか?」という、バリアフリー化の目的を考えてから設計することが大切です。

バリアフリーの失敗例を見てきましたが、夢のマイホームを建てるなら「絶対に後悔したくない」ですよね。以下の記事では、新築の注文住宅でよくある失敗例と後悔しないための対策をご紹介しています。併せてご覧ください。

4.バリアフリー住宅を建てるのにおすすめのハウスメーカー3つ

4-1.三井ホーム

三井ホームは、デザインと性能の両方を兼ね備えた住宅を扱っています。デザインにおいては、クラシカルな西洋スタイルが特徴です。また性能面においては独自のプレミアム・モノコック構法によって高い耐震性・断熱性・耐久性を実現しています。

Twin Family「ⅲ(トロワ)」

2世帯で暮らすにはバリアフリーを意識することが重要です。三井ホームのTwin Family「ⅲ(トロワ)」であれば、2世帯でも快適にそれぞれが自分らしく暮らせます。玄関が2つ用意されているように、親世帯と子世帯をゆるやかに分けていながらも、随所に「コネクティングルーム」と呼ばれる世代間交流を促進する部屋があるため、両者が心地よい距離感で過ごせるでしょう。

三井ホーム ホームページ

4-2.セキスイハイム

積水化学グループのセキスイハイムは、耐震や省エネといった性能が評価されており、手厚いサポート体制にも定評があるハウスメーカーです。また、入居から60年間の長期サポートシステムがあるため、安心感もあります。

ドマーニ

バリアフリーを意識するのであれば、「温度のバリアフリー」も考えなければなりません。セキスイハイムの「ドマーニ」であれば、四季を通して過ごしやすい温度が保たれ、家のどの部屋でも温度差が少なく、ヒートショックを避けることができます。

セキスイハイム ホームページ

4-3.アキュラホーム

アキュラホームは1978年創業で、40年以上の歴史がある老舗ハウスメーカーです。また、近年普及しているローコストハウスメーカーの先駆けでもあります。「品質と価格が追求された、納得のいく家」を目標に掲げて、革新的な家造りを実践しています。

超空間の家 平屋

バリアフリーを考えるのであれば平屋にするという人は多いでしょう。その場合、アキュラホームの平屋であれば、バリアフリーを最大限考えた上で、安全性の高い設計を実現できます。また、趣味やこだわりを反映させることも可能です。

アキュラホーム ホームページ


【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

まとめ

バリアフリーの注文住宅にするなら、実績のあるハウスメーカー・工務店に依頼するのがおすすめです。また、なぜバリアフリーにしたいのか、目的や必要性をしっかり確認することも重要でしょう。

この記事では、納得のいくバリアフリーの家になった間取り例5つをご紹介しました。費用の目安や失敗例からわかる注意点、おすすめのハウスメーカー・工務店も参考にしていただき、ぜひ後悔のない住まいづくりを実現してくださいね。

バリアフリー住宅の間取り例が知りたい

バリアフリーの暮らしの間取り例を、実際にバリアフリー住宅に住んでいる住民の感想や、バリアフリーならではの工夫をわかりやすく解説しています。

1-1.【31坪】車イス生活でも快適に暮らせる間取り例
1-2.【34坪】子供育ても老後も安心して暮らせる間取り例
1-3.【37坪】柱がなく開放感のある間取り例
1-4.【36坪】掃除の負担も軽減される間取り例
1-5.【41坪】将来を見据えた設計の間取り例

バリアフリーの費用相場は?

バリアフリーの注文住宅の費用相場は、広さや土地にもよりますがローコストであれば1,000万円前後、ハイコストであれば3,500万円前後となっています。費用相場や実際のバリアフリーの注文住宅の費用シミュレーションを「2.バリアフリー住宅の費用相場」で紹介しています。

バリアフリーの失敗例と注意点は?

バリアフリーの注文住宅の失敗例と対策は「3.理想を叶えるためにチェックすべきバリアフリーの失敗例と注意点」で解説しています。

バリアフリー住宅を建てるのにおすすめのハウスメーカーは?

バリアフリーの注文住宅を建てるなら、実績のあるハウスメーカー・工務店を選ぶことが重要です。また、自分のケースにあった設計をしてもらえる自由度もポイントです。

4.バリアフリー住宅を建てるのにおすすめのハウスメーカー3つ」では、バリアフリーにするならおすすめしたいハウスメーカー・工務店の特徴や商品をご紹介しています。

バリアフリーの注文住宅を建てる方は、ぜひこの記事をお役立てください。

この記事の編集者

「家づくりのとびら」編集部

NTTデータグループが運営する注文住宅相談サービス「家づくりのとびら」編集部です。難しい住まいづくりの情報を、わかりやすく正確にお伝えします。記事は不動産鑑定士や宅地建物取引士などの不動産専門家による執筆、監修記事がメイン。初めての住まいづくりをサポートします!

運営会社情報(NTTデータスマートソーシング)