注文住宅で広い浴室をつくりたい!間取り例と費用相場を解説

家を建てる際、「広い浴室がある間取りにしたい!」と考える方も多いことでしょう。浴室が広いとゆったりと入れますが、大きな浴室にはメリット以外にデメリットもあります。

この記事では、家づくりをする前に知っておきたい広い浴室の特徴や間取り例、ハウスメーカー・工務店などについて紹介していきます。

広い浴室がある家で実現できる理想の暮らし
満足度の高い入浴時間 親の入浴介助がしやすい 子供と入ってもゆったりできる
満足度の高い入浴時間 親の入浴介助がしやすい 子供と入ってもゆったりできる
広い浴室がある家づくりをするメリット
  • 足を伸ばしてお風呂に入れる
  • 介護がしやすい
  • 子供と一緒にお風呂に入っても狭くない
広い浴室がある家づくりをするデメリット
  • 建築コストがかかる
  • 水道光熱費が高くつく

快適な広い浴室とはどのくらい?

広い浴槽にするためには「浴室の広さ」と「浴槽の広さ」を考える必要があります。

浴室広さの目安

  • 1坪:一人ずつ入るなら十分なスペース
  • 1.25坪:介護が必要な場合や子供と入るのにおすすめの広さ
  • 1.5坪:開放感のある広さだがデメリットもある

浴室の大きさを坪数で変換した場合によく使われるサイズには0.75坪もありますが、これは比較的コンパクトなサイズです。そのため、広い浴室を希望する方は1坪以上のサイズで検討してみるとよいでしょう。

また、浴室のドアの主流が引き戸タイプとなりましたが、少し前までは折れ戸タイプが主流でした。折れ戸タイプだと開閉で窮屈さを感じることがありますが、浴室のドアを引き戸タイプにすれば開閉にスペースを取らないため1坪の浴室でも狭くは感じにくいでしょう

浴槽の広さの目安

浴槽の広さには種類がありますが、長方形の浴槽の場合、奥行きに関しては同じくらいが多く、横幅によって違いがでます。

一般的にコンパクトなサイズは100cm以下広々と入れるサイズは180cm以上です。

身長が160cm以下の方にとっては100~130cmほどあればそれなりにゆったりと入れるくらい、180cmある方でも140cmほどあれば少し膝を曲げるくらいで入れるでしょう。

浴槽の大きさは少しの差でも感じかたが大きく異なるため、ハウスメーカー・工務店に相談したり、ショールームで実際の広さを体感したりするのがおすすめです。

広い浴室のある暮らしのイメージと間取り

・【1坪】一人ずつ入るなら十分なスペース

1坪タイプの浴室の広さは幅×奥行きが1.6m×1.6mのスペースがあるもので「1616サイズ」ともいわれています。1坪あれば、一人ずつ入るなら十分なスペースがある浴室です。

選択しやすい浴室の坪数が0.75坪・1坪・1.25坪・1.5坪で、1坪は前から2番目のため、広々とした浴室を希望している方にとってはさらに大きなものを選択したいと感じるかもしれません。
しかし、広さを変えても浴槽の大きさはそれほど変わりません。浴室の広さはあまり大きすぎてもデメリットがあるため、介護などを考えていない場合には1坪タイプの浴室は大きな選択肢のひとつです。

1-4.【25坪台】狭小地でも広い浴室がある間取り

・【1.25坪】介護や子供と入るのにおすすめの広さ

1.25坪タイプの浴室の広さは幅×奥行きが1.6m×2mのスペースがあるもので「1620サイズ」ともいわれています。浴槽の大きさはそれほど変わりませんが、洗い場の広さにゆとりがあり、介護が必要な場合や子供と入るのにおすすめの広さです。
また、子供と入る場合は並んで座ってもゆとりがあります。ペットを洗いたい場合にも便利です。

1-1.【30坪台】1.25坪の広い浴室があるゆとりの間取り

・【1.5坪】開放感のある広さだけどデメリットも

1.5坪タイプの浴室の広さは「1624サイズ」と「1623サイズ」に対応しています。浴室の広さが1.5坪もあるとかなり広く感じるものです。洗い場が広くてみんなで入浴したい場合や介護が必要な場合は便利なものの、広くなるほど掃除の手間が増えたり浴室が冷えやすくなったりします。
このように、広すぎる浴室があるとメリットも大きいものの、デメリットもあるため注意が必要です。

複数のハウスメーカーから見積もりや間取りプランをもらうのは、時間も労力もかかって、大変!
HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」なら、120社以上のハウスメーカーから最大5社のプラン作成依頼が可能!

なお、注文住宅の人気間取りについて知りたい方は「注文住宅の間取り」の記事をご覧ください。

1.広い浴室がある家づくりにおすすめの間取り5選

広い浴室がある家づくりの参考として、次の5つの代表的な間取りをおすすめします。

それでは、おすすめの間取りに関する詳しい内容をみていきましょう。

1-1.【30坪】1.25坪の広い浴室があるゆとりの間取り

出窓から明るい光が差し込むお風呂のある家

【30坪】1.25坪の広い浴室があるゆとりの間取り 1F
【30坪】1.25坪の広い浴室があるゆとりの間取り 2F
居住者の感想 大きな吹き抜けがあり開放感がある空間になっています。
世帯 夫婦+子供2人
延床面積 30坪
間取り 2階建て3LDK+シューズクローク+ウォークインクローゼット+バルコニー+パントリー+ワークスペース
費用 約3,520万円

こちらは1.25坪の広い浴室がある間取りです。浴室には出窓があり、空間の広さに明るさもプラスされて、ゆとりのある空間を実現しています。脱衣所も十分な広さがあり、ゆったりとした入浴タイムが手に入ります。居住空間にはシューズクロークやウォークインクローゼット、パントリーなど十分な収納を設けており、のびのび暮らせる設計になっています。

▶【広い浴室×ゆとりのある空間】など、自分に合う他の間取りを比較する

1-2.【30坪台】ジェットバスでリゾート気分になれる間取り

風呂上がりに屋上テラスや畳コーナーでくつろげる家

【30坪台】ジェットバスでリゾート気分になれる間取り 1F
【30坪台】ジェットバスでリゾート気分になれる間取り 2F
【30坪台】ジェットバスでリゾート気分になれる間取り 屋上
居住者の感想 ジェットバスやミストサウナなどがあり、リゾートの気分が味わえてのんびりできます。
世帯 夫婦+子供2人
延床面積 32坪
間取り 3LDK+シューズクローク+パントリー+畳コーナー+ウォークインクローゼット+バルコニー
費用 約6,180万円

ホテルライクなデザインの広い浴室のある間取りです。浴室設備や浴槽にもこだわり、ジェットバスやミストサウナ、浴室TVが完備されています。リゾートスパのような空間でゆったりと疲れを癒せるでしょう。
さらに屋上にはプライベートテラスを設置しており、バーベキューやドッグランが楽しめます。家にいながら非日常を味わいたい方におすすめの間取りです。

▶【広い浴室×屋上】など、自分に合う他の間取りを比較する

1-3.【25坪台】キッチンに近い浴室で家事動線がいい間取り

キッチンから水回りにすぐ行ける家

【25坪台】キッチンに近い浴室で家事動線がいい間取り 1F
【25坪台】キッチンに近い浴室で家事動線がいい間取り 2F
居住者の感想 多目的室や階段下収納があり、家事動線にもこだわっていて使いやすいです。
世帯 夫婦+子供2人
延床面積 27坪
間取り 2階建て4LDK+シューズクローク+テラス+バルコニー+多目的室
費用 約4,230万円

こちらはキッチンから浴室や脱衣所に行きやすい家事動線の良い間取りです。キッチンや脱衣所・浴室へはドア1枚でいけるので、料理や洗濯を同時にする際も楽で便利。浴室には浴室乾燥機と窓を設置。広い浴槽でも換気や乾燥させやすいので、長く清潔が保てるでしょう。

▶【広い浴室×家事動線】など、自分に合う他の間取りを比較する

1-4.【25坪台】狭小地でも広い浴室がある間取り

土地面積は狭めでも1坪の浴室がある間取り

【25坪台】狭小地でも広い浴室がある間取り 1F
【25坪台】狭小地でも広い浴室がある間取り 2F
【25坪台】狭小地でも広い浴室がある間取り 3F
居住者の感想 土地が広く取れなくてもゆったりとした浴室と駐車場があり満足です。
世帯 夫婦+子供2人
延床面積 29坪
間取り 3階建て3LDK+インナーガレージ+サービスルーム+バルコニー
費用 約4,380万円

こちらは狭小地に建てた家でも3階建てにすることで、ゆったりとした浴室と1台分の駐車スペースを実現した間取りです。壁や床、天井には、汚れが付きづらく、カビが生えにくい乾式目地を採用。浴室内はすっきり無駄のないデザインで、掃除を楽にしています。浴室は1階に、リビングは2階に配置し、3階建てを上手く活用しています。

▶【広い浴室×狭小地】など、自分に合う他の間取りを比較する

1-5.【30坪台】浴室と脱衣所を広く取った間取り

広いお風呂に子供と一緒に入れる家

【30坪台】浴室と脱衣所を広く取った間取り 1F
【30坪台】浴室と脱衣所を広く取った間取り 2F
居住者の感想 子供とお風呂にゆったり入れるので、楽しい家になりました!
世帯 夫婦+子供2人
延床面積 35坪
間取り 2階建て4LDK+インナーガレージ+パントリー+バルコニー
費用 約2,780万円

こちらは水回りの設備をすべて1階にまとめてあるため、家事がしやすい間取りです。1坪以上の広い浴室を設置していて、子供と並んで体を洗ってもゆとりがあります。食べ物を保管しておけるパントリーがあるため、育ち盛りの子供たちがいる家庭でも安心です。

▶【広い浴室・脱衣所】など、自分に合う他の間取りを比較する

ここまでの代表例から、
好みのイメージは見つかりましたか?

好みのイメージが見つかったら、次はHOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービスをご利用ください!
スマホからあなたにあった間取り図・資金計画・土地のプランが無料で手に入るので、家づくりがスムーズに進みますよ。

見つからなかった場合も、本サービスを使えば、ここでご紹介した代表例以外のイメージもご紹介可能です。

無料プラン作成依頼でこんなプランがもらえます! 間取り図プラン、資金計画プラン、土地探し
完全無料
プラン作成サービスを詳しく見る

2.広い浴室がある間取りにするための費用相場

広い浴室がある間取りにするために必要な費用相場をチェックしてみましょう。

2-1.広い浴室がある間取りにするための費用とは

新築住宅に1坪の大きさがあるユニットバスの風呂・浴室を設置するための費用相場は約70万~120万円といわれています。ユニットバスとは近年作られる住宅ではよく選ばれているタイプで、工場の時点で浴室を成形しておき、現場で組み立てる浴室です。

1坪の大きさの浴室でも一人ずつ入るなら十分な広さがありますが、さらに広い1.25坪サイズの浴室に変更した場合、浴室だけの追加費用でも約10万~30万円かかります。浴室だけ広くなって洗面脱衣室が狭くなってはいけないと感じる場合、洗面脱衣室も大きくするとさらに追加費用がかかってしまうため、注意が必要です。

広さのほかにも、ジェットバスや24時間風呂、浴槽の素材などさまざまな選択肢があります。「広くてゆったりできるこだわりの浴室をせっかく作るならあれもこれも付けよう」と考えていると、浴室の費用だけで200万円ほどになってしまうこともあるため、予算をイメージしながら決めていくとよいでしょう。

2-2.広い浴室がある住宅の費用のシミュレーション

【例】2階建て3LDK、想定住居人数:夫婦+子供2人、広い浴室のある家の費用シミュレーション

建築費用合計:約3,520万円

<内訳>

建築本体工事費:約2,464万円
付帯工事費、別途工事費:約704万円
そのほか諸費用:約352万円

※あくまでもシミュレーションです。お住まいの地域の土壌によって変動するのでハウスメーカー・工務店に確認しましょう。

予算をいくらに設定するかによって建てられる家は大きく異なるため、費用内訳を理解して家づくりを進めるのは大事です。

しかし、家づくりの資金計画は、補助金制度や住宅ローンなど、多くの情報を整理しながら行わなければならないため、自分たちだけで進めるのはとても大変です。「やっぱり注文住宅は無理かも…」と思う方も少なくありません。
そんな方におすすめなのが、「家づくりのとびら」の2つの無料サポートサービスです。

サービスの詳細は下記をご覧いただき、検討の進め方に合わせてご利用ください。難しい費用計画が一気に進みます!

家づくりの費用計画を助ける!
「家づくりのとびら」無料サポートサービス

実際の見積もりを
複数比較・検討したい

簡単なスマホ入力だけで、複数のハウスメーカーの見積もりが無料でもらえる「プラン作成サービス」がおすすめ!

▷【無料】プラン作成依頼はこちら

資金計画や補助金活用の
コツが知りたい

ハウスメーカー出身のアドバイザーに、自宅から簡単に相談できる「無料オンライン相談サービス」がおすすめ!

▷【無料】オンライン相談はこちら

3.広い浴室の失敗例からわかる注意点

家づくりをしてから快適に過ごすためにも、実際に広い浴室がある間取りで住んでいる方の失敗例を確認して、注意するポイントを理解しましょう。

3-1.【計画段階】毎日のお風呂に思ったよりコストがかかる

必要なお湯の量が多くて水道光熱費がかかる

子供と一緒に入れるように大きなお風呂を作りました。だけど、浴槽を大きくしすぎて、けっこうお湯をためないといけません。沸かす時もけっこう時間がかかりっているので、水道光熱費が高くなった気がします。
毎日のことなので、もう少しお風呂のサイズを小さくすればよかったと後悔しています。

注意点:大きすぎない浴槽の大きさを選択する

浴槽が大きいと、毎日のお風呂に入るために必要なお湯の量が増えてしまいます。水道料金がかかるほか、追い炊きや保温をするための電気代も高くつきがちになるため注意が必要です。

ランニングコストを抑えるには、足が適度に伸ばせるくらいの広さで、大きすぎない程度の浴槽の大きさを選択すると、お湯の量を減らせます。

3-2.【計画段階】オプションで付けたものを使わなかった

いろいろな設備を付けたのに使われないままです

充実したお風呂時間が過ごせるようにと、広い浴室にミストシャワーやジャグジーなど、さまざまな浴室の設備を付けたものの、ほとんど使っていません。

注意点:本当に必要かを考えて選択する

浴室のカタログには浴室専用のテレビやミストサウナなどの多くの機能が載っているため、いろいろと付けたくなるものでしょう。しかし、活用できなければせっかくの機能も無駄になってしまいかねません。

広い浴室にはコストがかかるため、浴室のオプションは本当に必要かを考えて選択することをおすすめします。

広い浴室の失敗例を見てきましたが、夢のマイホームを建てるなら「絶対に後悔したくない」ですよね。このような失敗事例の二の舞にならないためにも、ハウスメーカー選びは慎重に行いましょう。
家づくりに関して困ったことがあれば、ぜひ無料オンライン相談サービス「HOME4U 家づくりのとびらをご活用ください。

ハウスメーカー出身の注文住宅のプロが、あなた家づくりに関する疑問にその場でお答えいたします。
要望をお伝えいただければ、あなたに合ったハウスメーカーの選定や、あなたの好みに近い「営業担当者」へのアテンドも可能です。

【必見】自分の希望にあった
ハウスメーカーを探したい方へ

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談がおすすめ!

  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • ハウスメーカー出身アドバイザーに聞ける 注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】でご説明、ご相談にのります。
  • かんたんに自宅から相談できる スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

【無料】相談する時間を選ぶ

何が相談できるか詳しく見る

4.広い浴室がある家を建てるならおすすめのハウスメーカー3つ

広い浴室がある家づくりにおすすめのメーカー・工務店を3つご紹介します。それぞれの特徴を見ていきましょう。

4-1.へーベルハウス

へーベルハウスでは、お風呂に関するさまざまなアドバイスが可能です。たとえば、設備と連動させておくことで外出先からお風呂を沸かせる機能なども提案可能で、便利な暮らしをサポートしてくれます。

そらのま+

ヘーベルハウスの「そらのま+」は、そら付き2階リビングのある家です。2階にリビングを設置し、さらにインナーバルコニーにすることで、屋内から続く半屋外のアウトドアリビングが設置できます。広い浴室でリラックスした後は、アウトドアリビングで風に当たるのもいいですね。

出典:ヘーベルハウス 公式ホームページ

4-2.積水ハウス

積水ハウスは、将来にわたって安心・安全・快適に暮らすためのサポートをおこなっています。たとえば、洗い場にベンチを作り安定した状態で体を洗えるようにして、座ったままで浴槽の出入りができるように提案可能です。背もたれの形状を工夫して手すりとしても使用できるなど、アイデアがたくさんの浴室づくりができます。

REGNUM COURT(レグヌムコート)

積水ハウスの「レグヌムコート」は、都市でプライバシーを守りながら自由に暮らせ宇「王国」を実現するブランドです。外からの視界は遮りながらも光と風を感じる明るい空間を生み出す設計で、贅沢な我が家を実現してくれます。外からの視線がないから実現できる開放的な広い浴室は、開口の広い窓から緑が見える高級ホテルのような雰囲気です。

出典:積水ハウス 公式ホームページ

4-3.ダイワハウス

ダイワハウスでは、ニーズにあわせたさまざまなサポートが可能です。たとえば、ウッドデッキの一部にしつらえた坪庭が眺められる大きなFIX窓がある浴室で、景色を楽しみながらゆったりと入浴できるようにすることもできます。

Lifegenic(ライフジェニック)

ダイワハウスの「ライフジェニック」は、それぞれのライフスタイルに合わせた自分らしい家を実現してくれるブランドです。ライフジェニックには、ライフスタイル診断で理想の家を提案する方法と、自分でカスタマイズしながら理想の住宅デザインを選んでいく2つのアプローチがあり、こだわりとプロのアイデアを合わせた家づくができますよ。理想を形にしたい方におすすめです。

出典:ダイワハウス 公式ホームページ

以上が、広い浴室がある家を建てたい方におすすめのハウスメーカーです。もちろん、今回ご提案したハウスメーカー以外にも、こだわりを実現できるハウスメーカーはたくさんあります。
こだわりの間取りで家を建てるなら、実際にハウスメーカーから間取りプランを提案してもらうのが一番。
そこでおすすめなのが、HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービスです。

HOME4U「家づくりのとびら」複数ハウスメーカーに 間取り図プランをまとめて依頼!

本サービスは、スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ。気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、あなただけのために作成された間取りプランを【完全無料】で一括作成依頼することができます。

実際の間取り図があれば、「ここはもっとこうしたい」「A社よりB社のほうが好み」といった具体的な方向性が見出しやすく、家族との話し合いもスムーズに進むでしょう。
ほかにも、資金計画や土地探しといった、家づくりには欠かせない工程もサポートしてもらえます。

【無料】間取り作成
一括依頼はこちら

HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

まとめ

広い浴室のある注文住宅を作るなら、必要な設備やランニングコストも考えたうえで、間取りを決めることが重要です。この記事では、広い浴室のある注文住宅の間取り事例や費用相場、注意点、おすすめのハウスメーカー・工務店をご紹介しました。ぜひ、参考にして、理想の住まいづくりを成功させてくださいね。

広い浴室がある間取りが知りたい

この記事では、広い浴室のある5つの間取りをご紹介しています。

広い浴室の費用相場は?

新築住宅に1坪の大きさがあるユニットバスの風呂・浴室を設置するための費用相場は約70万~120万円といわれています。
2.広い浴室がある間取りにするための費用相場」では、詳しい費用相場や、広い浴室のある注文住宅の費用シミュレーションをご紹介しています。

広い浴室の失敗例が知りたい

家づくりをしてから快適に過ごすために、実際に広い浴室がある間取りで住んでいる方の失敗例を確認しましょう。

これらの詳細や対策は「3.広い浴室の失敗例からわかる注意点」でご紹介しています。

広い浴室がある家を建てるならおすすめのハウスメーカーは?

広い浴室のある注文住宅にするなら、ライフスタイルに合ったデザイン性のある浴室づくりがしたいですよね。
4.広い浴室がある家を建てるならおすすめのハウスメーカー3つ」では、理想の広い浴室づくりや、広い浴室に合う素敵な住まいづくりを実現できるおすすめのハウスメーカー3社ご紹介しています。

注文住宅で広い浴室を設置したい方は、ぜひこの記事をお役立てください。

間取りプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

こだわりの間取りで家を建てるなら、実際にハウスメーカーから「間取りプランを提案してもらうこと」が一番です。

そんな方におすすめなのが、「HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ。
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で間取りプランを一括依頼することができます。

このページをシェアする

この記事の編集者

「家づくりのとびら」編集部

NTTデータグループが運営する注文住宅相談サービス「家づくりのとびら」編集部です。難しい住まいづくりの情報を、わかりやすく正確にお伝えします。記事は不動産鑑定士や宅地建物取引士などの不動産専門家による執筆、監修記事がメイン。初めての住まいづくりをサポートします!

運営会社情報(NTTデータスマートソーシング)