【予算5,000万円以上】注文住宅の間取り・費用シミュレーションなどを解説

本体工事予算5,000万円以上の注文住宅は「高級注文住宅」に分類されることが多く、一般的な住宅よりも多くのこだわりを詰め込むことができます。

この記事でわかること

  • 予算5,000万円以上の注文住宅の特徴
  • 予算5,000万円以上の間取り・内装・外観事例
  • 費用シミュレーション・おすすめのハウスメーカー

費用をかければかけるほど、理想のマイホームは手に入りやすくなります。
しかし、選択肢が広がる分、目移りしやすかったり、情報の整理が難しかったりするものです。

予算5,000万円以上で本格的に検討する前に、自分の理想のマイホームはどのような姿なのか、本当に自分に合った予算なのかをこの記事で確認しましょう。

カンタン3分入力
自分にあった家づくりプラン
まとめて依頼
STEP1
STEP2

広さや坪数別での費用相場について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

1.予算5,000万円以上の注文住宅の特徴・年収相場

冒頭でお伝えしたとおり、本体工事予算5,000万円以上の注文住宅は、広さや住宅性能、デザインなどさまざまな面でこだわりを実現できます。
具体的には、ほかの価格帯と比べると以下のような違いがあります。

【予算別】注文住宅の特徴比較表
価格帯区分特徴
1,000万円台ローコスト
  • 形状、デザインともにシンプル
  • 規格(企画)住宅の選択肢も検討
2,000万円台ローコスト~平均価格こだわりを明確化すればデザイン性や住宅性能を高めることが可能
例:「ビルトインガレージを付けたい」「床暖房を設置したい」
3,000万円台平均価格
  • 平均的な注文住宅
  • 平屋や二世帯住宅の選択も十分に可能
  • 土地の形状を生かした設計も可能
4,000万円台高額

以下の検討が可能

  • 複雑な形状・設計
  • ハイグレードな住宅性能
  • 輸入住宅
  • 完全分離型の二世帯住宅
  • ヒノキや漆喰などの自然素材
  • ZEHや省エネ住宅
5,000万円以上高級住宅、豪邸

5,000万円以上の注文住宅を検討する場合、世帯年収は800万~1,000万円程度が適切であると言われています。

ただし、収入に余裕があっても、ライフスタイルやライフイベントによって適切な世帯年収は異なります。
例えば、以下のような世帯の場合、世帯年収にはもう少し余裕があったほうがよいでしょう。

  • 年に一度は海外旅行に行く
  • 子どもの数が多い
  • 趣味や習い事が多い

今の暮らしだけでなく、将来的な暮らしの変化にも目を向けて検討しましょう。

なお、3章では、予算5,000万円程度の場合の費用シミュレーションについても解説します。

2.予算5,000万円以上の注文住宅間取り・内装・外観例9選

予算5,000万円以上で建てられる、代表的な間取り・内装・外観例をご紹介します。
以下より、ご自身の好み・条件にあう間取り、内装、外観を見つけてみてください。

この章で紹介する間取り・内装・外観例
間取り例都内で建てる3階建て
田舎で建てる平屋
二世帯住宅
内装例モダンデザイン
クラシカルデザイン
エレガントデザイン
外観例邸宅風
輸入住宅
1億円相当

以下より詳しく見ていきましょう。

2-1.【都内・3階建て】注文住宅5,000万円以上の間取り例

【都内・3階建て】注文住宅5,000万円以上の間取り例 1F
【都内・3階建て】注文住宅5,000万円以上の間取り例 2F
【都内・3階建て】注文住宅5,000万円以上の間取り例 3F
想定世帯3~6人
延床面積約185平米(56坪)
間取り3LDK+和室・書斎・学習コーナー・防音室

都内のような土地面積が限られているエリアで、3階建ての注文住宅を建てる際の間取り例です。

玄関から入ってすぐの場所に配置された和室は、客間としても活用できます。
2階フロアには、予算5,000万円以上ならではの防音室が設置されており、楽器の演奏や映画鑑賞を楽しむことができます。
また、LDKの中に学習コーナーを設けることで、家事をしながら子どもの様子を確認することも可能になります。

▶【3階建て】など、自分の理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)
▶【3階建て】など、自分の理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)

2-2.【田舎・平屋】注文住宅5,000万円以上の間取り例

【田舎・平屋】注文住宅5,000万円以上の間取り例
想定世帯3~6人
延床面積約168平米(51坪)
間取り3LDK+和室

田舎や郊外のような、広々とした土地が手に入りやすいエリアで平屋を建てる際の間取り例です。

平屋には大きく分けて、I型、L型、コの字型、ロの字型といった間取りタイプがあり、上記間取り例はロの字型に分類されます。
居住空間の真ん中に中庭を設けることで、接している部屋に日光が届きやすくなり、明るい印象の室内になります。
家でバーベキューをしたり、ペットと遊んだり、DIYをするスペースとしても便利です。

▶【平屋】など、自分の理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)
▶【平屋】など、自分の理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)

2-3.【二世帯住宅】注文住宅5,000万円以上の間取り例

【二世帯住宅】注文住宅5,000万円以上の間取り例 1F
【二世帯住宅】注文住宅5,000万円以上の間取り例 2F
想定世帯4~8人
延床面積約240平米(73坪)
間取り3LDK+和室

左右で住空間を分けた、完全分離型の二世帯住宅の間取り例です。
完全分離型とは、その名のとおり、二世帯の住空間を完全に切り離したタイプのことです。

完全共有型や部分共有型といった他のタイプよりも建築費用はかかりますが、予算を5,000万円以上に設定するのであれば十分に選択肢の1つとして検討できるでしょう。

▶【二世帯住宅】など、自分の理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)
▶【二世帯住宅】など、自分の理想を叶える方法を漫画でチェック(無料)

2-4.【モダン】注文住宅5,000万円以上の内装例

【モダン】注文住宅5,000万円以上の内装例

モダンデザインの内装を目指すなら、余計な装飾入れず、無機質な素材や直線的なライン、白や黒、ダークなど落ち着いた色合いを意識するとよいでしょう。

モダンテイストには、シンプルモダンや和モダン、北欧モダンなどいくつか種類があり、中でも都会的なデザインの中に「和」の要素を取り入れた「和モダン」は近年人気のデザインテイストです。

▶【モダンデザイン】など、自分の理想の住宅プランを比較(無料)

2-5.【クラシカル】注文住宅5,000万円以上の内装例

【クラシカル】注文住宅5,000万円以上の内装例

高級住宅のインテリアといえば、クラシカルスタイル思い浮かべる方も多いでしょう。
上記画像はソフトクラシカルに分類されることが多く、よりゴージャスな印象を持たせるには、カーテンや絨毯のデザインに凝ったり、重厚感のあるデザインのテーブルや椅子を選んだりするとよいです。

▶【クラシカルデザイン】など、自分の理想の住宅プランを比較(無料)

2-6.【エレガント】注文住宅5,000万円以上の内装例

【エレガント】注文住宅5,000万円以上の内装例

エレガントデザインな内装は、上品かつ優雅な印象を演出でき、特に女性に人気のテイストです。
エレガントなインテリアを目指すなら、白やグレー、ライトグレイッシュを基調とし、ところどころにゴールドやクリスタルといった色合いを差し込んだり、丸みがある家具や、華奢な印象の小物を飾ったりするとよいです。

▶【エレガントデザイン】など、自分の理想の住宅プランを比較(無料)

最大5社にプラン作成依頼が可能!

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
注文住宅を契約・着工の方全員に
Amazonギフト券(3万円分)贈呈中!

2-7.【邸宅風】注文住宅5,000万円以上の外観例

【邸宅風】注文住宅5,000万円以上の外観例

高級感あふれる邸宅風の外観デザインを目指すなら、横の広がりを意識しましょう。
屋根の面積を大きく取り、窓や扉を大きくするとよいです。個性を出すのであれば、窓や扉の形に凝るのも効果的です。
なるべくシャープでダイナミックなラインを意識し、素材はハイグレードなものを選びましょう。

▶【邸宅風】など、自分の理想の住宅プランを比較(無料)

2-8.【輸入住宅】注文住宅5,000万円以上の外観例

【輸入住宅】注文住宅5,000万円以上の外観例

輸入住宅とは、外国のデザインや設計をもとに建てた住宅のことを指します。
主にヨーロッパや北米などのスタイルを取り入れることが多く、具体的にはカントリースタイルやアメリカンスタイル、サーファーズスタイル、フレンチスタイルなどを採用するケースが多いです。

▶【輸入住宅】など、自分の理想の住宅プランを比較(無料)

2-9.【1億円相当】注文住宅の外観例

2-9.【1億円相当】注文住宅の外観例

予算に1億円相当を検討できるのであれば、住宅そのものだけでなく、外構にもとことんこだわることが可能です。
例えば、庭にプールを設置したり、屋上に広いガーデニングを付けたりするなど、家に居ながらアウトドアを楽しむ工夫を実現できます。

▶【1億円相当】など、自分の予算に合った住宅プランを比較(無料)

漫画でわかる!「家づくりのとびら」 アイコン

ここまでの代表例から、
好みのイメージは見つかりましたか?

好みのイメージが見つかったら、次はHOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービスをご利用ください!
スマホからあなたにあった間取り図・資金計画・土地のプランが無料で手に入るので、家づくりがスムーズに進みますよ。

見つからなかった場合も、本サービスを使えば、ここでご紹介した代表例以外のイメージもご紹介可能です。

無料プラン作成依頼でこんなプランがもらえます! 間取り図プラン、資金計画プラン、土地探し

3.注文住宅5,000万円程度の資金計画

ここでは、本体工事費のみで5,000万円の場合と、土地付きで総額5,000万円の場合に分けて費用シミュレーションを行います。ぜひ、ご自身の資金計画の際の参考にしてください。

注文住宅5,000万円程度の頭金は?

  • 本体工事費のみで5,000万円の場合・・・1,250万円程度
  • 土地付き総額で5,000万円の場合・・・1,000万円程度

住宅金融支援機構の調べによると、注文住宅を建てた人の「手持ち金」は全国平均で596万6,000円。同データの所有資金は全国平均3,572万円なので、総額のおよそ2割を頭金に設定していると言えます。

本体工事費のみで5,000万円の場合、別途付帯工事費や諸費用が全体の2割程度加算されるため、総額を6,250万円程度と想定し、頭金を算出しています。

参考:PDF住宅金融支援機構「2021年度 フラット35利用者調査」

3-1.注文住宅5,000万円の費用シミュレーション

【例】本体工事費が5,000万円の場合
注文住宅の費用内訳
本体工事費5,000万円
付帯工事費880万円
諸費用370万円
総額6,250万円
住宅ローン
頭金1,250万円
借入額5,000万円
金利1%
返済年数35年
月々の返済額14万円

住宅ローンの年間の返済額は、世帯年収の20~25%程度に設定するとよいと言われています。
1章でお伝えしたとおり、世帯年収が800万~1,000万円程度あるのであれば、一般的には上記シミュレーションで問題ないでしょう。

14万円×12か月=年間の返済額168万円
世帯年収800万~1,000万円の20~25%=160万~250万円

ただし、ご家庭によっては住宅ローン以外の出費が多いケースもあります。上記はあくまで一例と捉え、家族でよく話し合い、自分たちにとって最適な返済額に設定してください。

▶あなたの予算に合った住宅プランをチェック(無料)

自分たちに合った毎月の返済額や、借入額を調べたいときは、ぜひ【無料】家づくりのとびらの「予算シミュレーションをご利用ください。

3-2.【土地込み・総額】注文住宅5,000万円の費用シミュレーション

家を建てるための土地代は、エリアや面積によって相場が大きく異なりますが、1,000万円~1,500万円程度と考えておくとよいです。

つまり、総額で5,000万円であれば、家づくりにかけられる費用は3,500万~4,000万円程度ということになります。

【例】土地込み・総額が5,000万円の場合
土地込み注文住宅の費用内訳
本体工事費3,150万円
付帯工事費550万円
諸費用300万円
土地代1,000万円
総額5,000万円
住宅ローン
頭金1,000万円
借入額4,000万円
金利1%
返済年数35年
月々の返済額11万円

前述のとおり、注文住宅の所有資金は全国平均で3,572万円なので、5,000万円が土地込みの予算であっても平均以上の家を建てることができます。(参考:PDF 住宅金融支援機構「2021年度 フラット35利用者調査」

3,150万円+550万円+300万円=注文住宅の所有資金3,700万円

土地込みで本体工事費5,000万円並みの高級住宅にしたいのであれば、総額6,000万円以上は見ておいたほうがよいでしょう。

このように、どこまでを予算5,000万円に設定するかによって建てられる家は大きく異なるので、費用内訳を理解して家づくりを進めるのは大事です。

しかし、家づくりの資金計画は、補助金制度や住宅ローンなど、多くの情報を整理しながら行わなければならないため、自分たちだけで進めるのはとても大変です。「やっぱり注文住宅は無理かも…」と思う方も少なくありません。
そんな方におすすめなのが、「家づくりのとびら」の2つの無料サポートサービスです。

サービスの詳細は下記をご覧いただき、検討の進め方に合わせてご利用ください。
難しい費用計画が一気に進みます!

家づくりの費用計画を助ける!
「家づくりのとびら」無料サポートサービス

実際の見積もりを
複数比較・検討したい

簡単なスマホ入力だけで、複数のハウスメーカーの見積もりが無料でもらえる「プラン作成サービス」がおすすめ!

▷【無料】プラン作成依頼はこちら

資金計画や補助金活用の
コツが知りたい

ハウスメーカー出身のアドバイザーに、自宅から簡単に相談できる「無料オンライン相談サービス」がおすすめ!

▷【無料】オンライン相談はこちら

家づくりのとびらコラム

5,000万円の家の固定資産税は?

固定資産税とは、所有しているものに対して課せられる税金のことです。
税額は購入金額によって決まるのではなく、各市町村が価値を評価して決めます。この金額を「固定資産評価額」といいます。

新築住宅の固定資産評価額目安は購入価格の60%を見ておくとよいので、5,000万円の家の場合、以下の税額が相場と言えます。

例:5,000万円の家の固定資産税
5,000万円×0.6=3,000万円程度

4.注文住宅5,000万円以上で後悔した失敗事例

実際に注文住宅を5,000万円以上で建てた人の失敗事例を紹介します。
なるべく後悔しないマイホーム計画を立てるために、ぜひ参考にしてください。

ハウスメーカーのアフターサービスが手薄…

駐車場のコンクリートの間に挟む黒いゴムが下に沈んでしまったが、家が完成して2年も経過していないのに保証期間が過ぎたということで修理してもらえなかった。

最終価格が見積額と違い予算オーバー!

特注家具やオプションの価格が最後に示され、設計変更を余儀なくされた。設計変更と着工の時間が短く、特注家具を配置する予定だったところの床暖房がないなど、微妙に不満なところがでてきている。

スキル不足の営業担当者にあたった

入居後のメンテナンスや修繕の対応が悪かった。担当者の個人的資質だと思うが、若い営業マンの教育が不十分なハウスメーカーを選んでしまった。

このような失敗事例の二の舞にならないためにも、ハウスメーカー選びは慎重に行いましょう。
家づくりに関して困ったことがあれば、ぜひ無料オンライン相談サービス「HOME4U 家づくりのとびらをご活用ください。

ハウスメーカー出身の注文住宅のプロが、あなた家づくりに関する疑問にその場でお答えいたします。
要望をお伝えいただければ、あなたに合ったハウスメーカーの選定や、あなたの好みに近い「営業担当者」へのアテンドも可能です。

【必見】自分の希望にあった
ハウスメーカーを探したい方へ

HOME4U「家づくりのとびら」
オンライン無料相談がおすすめ!

  • 自分にあったハウスメーカーが見つかる ハウスメーカーのご案内はもちろん、「こだわり」や希望をハウスメーカーにお伝えします!
  • ハウスメーカー出身アドバイザーに聞ける 注文住宅のプロ集団が、【中立な立場】でご説明、ご相談にのります。
  • かんたんに自宅から相談できる スマホやパソコン、タブレットで簡単に、オンラインで「家からじっくり相談」できます。

【無料】相談する時間を選ぶ

何が相談できるか詳しく見る

5.注文住宅5,000万円以上のおすすめハウスメーカー3選

ハウスメーカーにはそれぞれ得意な分野があります。
予算5,000万円以上であれば、高級住宅や邸宅風、高性能住宅などを得意としているハウスメーカーに建築を依頼するのがよいでしょう。

今回は以下のハウスメーカーについて、特徴をお伝えします。

  • へーベルハウス
  • 積水ハウス
  • 三井ホーム

次より、各社の特徴を解説します。

5-1.ヘーベルハウス


ヘーベルハウス

参照:へーベルハウス 公式HP

へーベルハウスの最大の特徴は、国土交通大臣認定の耐火構造部材を採用したALC(軽量気泡コンクリート)です。熱を伝えにくいため、火事に強く、1年中快適な家が実現できます。

構造は重量鉄骨造を扱っており、2階・3階・4階などの多層階プランはもちろん、二世帯住宅や賃貸住宅、プレミアムシリーズの商品プランも用意しています。

デザインはモダン、和モダン、ナチュラル、邸宅風などがあり、すべての住宅商品に標準仕様でALCを採用しているため、おしゃれで強い家が叶います。

▶【へーベルハウス】などの住宅プランを比較する(無料)

5-2.積水ハウス


積水ハウス

参照:積水ハウス 公式HP

積水ハウス累計建築戸数は254万戸(2022年1月時点)を超えており、実績世界一の大手ハウスメーカーです。

住宅性能においては、構造の安定(耐震性・耐風性)、劣化の軽減(耐久性)、空気環境(健康・化学物質対策)、温熱環境(省エネ対策)の4項目が最高等級に対応しています。

構造は木造、鉄骨造の両方を扱っており、平屋から一般的な2階建て、3階・4階などの多層階の商品プランも用意されています。

デザインはモダンや和モダン、プレーリー、洋風、邸宅風などさまざまなスタイルを得意としており、長年のノウハウを持った専任スタッフが「邸別自由設計」でオーナー1人ひとりの要望に沿った設計を提案してくれます。

▶【積水ハウス】などの住宅プランを比較する(無料)

5-3.三井ホーム


三井ホーム

参照:三井ホーム 公式HP

三井ホームは高性能な木造住宅を提供しており、独自の「プレミアアム・モノコック構法」によって耐震性・耐久性・断熱性に優れた住宅を実現しています。

また、標準仕様で全館空調システム・高性能断熱材を搭載しているので、木造ならでは快適な住み心地を叶えることができるでしょう。

デザインは、モダンやナチュラルの他、クラシックやエレガントなど、高級住宅にふさわしいバリエーションを揃えています。なお、設計の考え方には平面でなく立体で考える「m3設計」を採用しているため、一般的な木造住宅よりも自由度の高いプランを提案してもらえます。

▶【三井ホーム】などの住宅プランを比較する(無料)

以上が、予算5,000万円以上で注文住宅を建てたい方におすすめのハウスメーカーです。

より多くの選択肢の中から自分に合ったハウスメーカーを見つけたい方には、HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービスがおすすめです。

本サービスで自分に合ったハウスメーカーから実際の見積もり、間取り図などのプランを入手し、気になることや疑問があれば無料オンライン相談サービス「HOME4U 家づくりのとびらで注文住宅のプロに詳しく話を聞くことで、スムーズに家づくりを進めてくださいね。

「家づくりのとびら」の
無料サポートサービスのご紹介

あなたの家づくりの検討状況や検討の進め方にあわせて、ご活用ください!

実際の建築プランを複数みて、
比較・検討したい

複数のハウスメーカーの建築プランが、かんたんな入力だけで、無料でもらえる「プラン作成サービス」がおすすめ!

▷【無料】プラン作成依頼はこちら

費用や、ハウスメーカー選びの
コツを詳しく直接聞きたい

ハウスメーカー出身のアドバイザーに自宅から簡単に相談できる「無料オンライン相談サービス」がおすすめ!

▷【無料】オンライン相談はこちら

まとめ

予算5,000万円以上の注文住宅に関して、間取り・内装・外観例や、資金計画例、おすすめのハウスメーカーなどをお伝えしました。
それではおさらいです。

5,000万円の注文住宅を買える人の年収はいくら?

注文住宅を5,000万円台で新築する場合の世帯年収は、800万~1,000万円程度が適切であると言われています。
ただし、この数字は世帯によって前後するので注意してください。

詳しくは「1.予算5,000万円以上の注文住宅の特徴・年収相場」で解説します。

土地込み5,000万円の注文住宅の費用内訳は?

土地代込み、総額で5,000万円の注文住宅を建てるのであれば、以下のような費用内訳が相場になります。

  • 本体工事費3,150万円
  • 付帯工事費550万円
  • 諸費用300万円
  • 土地代1,000万円

詳しくは「3-2.【土地込み・総額】注文住宅5,000万円の費用シミュレーション」で解説しています。

5,000万円の注文住宅で後悔しやすいことは?

5,000万円以上の注文住宅でよくある失敗には、以下のようなものがあります。

  • ハウスメーカーのアフターサービスが手薄…
  • 最終価格が見積額と違い予算オーバー!
  • スキル不足の営業担当者にあたった

詳しくは「4.注文住宅5,000万円以上で後悔した失敗事例」をご覧ください。

注文住宅の費用特集


家づくりプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

家づくりに失敗しないためには、自分に合ったプランを提案してくれるハウスメーカーを見つけ、比較・検討すること。

そこでおすすめなのが「HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ。
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で家づくりプランを一括依頼することができます。

このページをシェアする

この記事の編集者

「家づくりのとびら」編集部

NTTデータグループが運営する注文住宅相談サービス「家づくりのとびら」編集部です。難しい住まいづくりの情報を、わかりやすく正確にお伝えします。記事は不動産鑑定士や宅地建物取引士などの不動産専門家による執筆、監修記事がメイン。初めての住まいづくりをサポートします!

運営会社情報(NTTデータスマートソーシング)