このページをシェアする
注文住宅で25坪の平屋をつくりたい!間取り例と費用相場を解説

リビングとつながるウッドデッキから吹き込まれるそよ風。子供が走り回るドタバタとした音。ときには家族みんなと庭でパーティー…。平屋での生活と聞いて、どのようなイメージを思い浮かべますか?

この記事では「こんな平屋があったらいいな」を実現している事例を元に、平屋25坪のメリット・デメリットや間取り例、注意点を解説します。

平屋25坪で実現できる理想の暮らし
リビングとつながるウッドデッキ 秘密基地気分のロフト 広いダイニングでホームパーティー
リビングとつながるウッドデッキ 秘密基地気分のロフト 広いダイニングでホームパーティー
平屋25坪のメリット
  • 平屋ならではの開放感あふれるダイニングが実現できる
  • バリアフリー空間で段差がないから安心できる
  • 家事動線が整えやすい
  • 家族とのコミュニケーションが増加する
平屋25坪のデメリット
  • 坪単価は高くなりがち
  • 4人で住むには間取りに工夫が必要になる
  • 日当たりや風通しが悪くなることもある
  • 防犯面で注意が必要になる

「平屋で〇〇したい!」を叶える間取り

・開放感あふれる平屋にしたい!

平屋を開放的に見せるためには、LDK部分の面積のみが重要なわけではありません。LDK部分に部屋を隣接させ、仕切りを限りなく減らすことで開放感をあふれる平屋を実現できます。廊下、仕切りを排除することで、家事動線を整えることにも役立ちます。

1-2.開放的な空間を実現した間取り例

・平屋にも収納スペースを増やしたい!

平屋でも随所に収納スペースを設けたり、小屋裏収納を設けたりすることで、「収納しきれない」という悩みを解決できます。平屋のウッドデッキでDIYをしたいという方も、工夫次第で工具をたっぷりと購入して楽しめます。

1-3.随所に収納を設けた間取り例
1-1.生活動線を整えた間取り例

・家事を楽しんでできる平屋にしたい!

家事を楽しむためには生活動線を効率化する必要があります。例えば、水回りの導線を一箇所に集中させる、LDKからどの部屋にも行き来できる空間にすることで、掃除がしやすくなります。

1-5.くるりと回れるLDKで動きやすい間取り例

複数のハウスメーカーから見積もりや間取りプランをもらうのは、時間も労力もかかって、大変!
HOME4U 家づくりのとびら プラン作成依頼サービス」なら、120社以上のハウスメーカーから最大5社のプラン作成依頼が可能!

1.平屋25坪での暮らしの間取り例5選

平屋25坪の暮らしの間取り例を、LDKの配置パターンに分けて5つ紹介していきます。居住者の感想や、平屋ならではの工夫のポイントを重視して解説をしますので、ぜひ参考にしてください。

1-1.生活動線を整えた間取り例

中央部のダイニングがコミュニケーションのハブ

生活動線を整えた間取り例生活動線を整えた間取り例

居住者の感想 生活動線を整えたおかげで掃除が楽になりました。快適に掃除をする姿をみて、子供が掃除を手伝ってくれるようになりました。
世帯 夫婦2人+子供1人+ペット
坪数(延べ床面積) 25坪
間取り 平屋 3LDK(+シューズクローク+ウォークインクローゼット+小屋裏収納)
費用 約1,900万円

ダイニングと全ての部屋を隣接させた間取りは、廊下がなく部屋同士の移動が楽なので、掃除が苦手な方にもおすすめです。小屋裏収納で荷物もすっきりできます。リビングで子供が走り回るのを夫婦二人で見つめる。そんな生活が実現する間取りです。

1-2.開放的な空間を実現した間取り例

廊下、仕切りを極力排除

開放的な空間を実現した間取り例

居住者の感想 部屋の仕切り、廊下を極力排除したことで25坪とは思えない開放感があります。水周りの動線を一箇所にまとめたことで家事もしやすいです。
世帯 夫婦2人
坪数(延べ床面積) 25坪
間取り 平屋 2LDK(+土間+テラス+ウォークインクローゼット)
費用 約2,000万円

平屋の空間を最大限に活かすためには部屋の仕切り、廊下をなくすことが効果的です。扉をなくすことで開放的な空間を演出することができますし、何よりも扉を開ける、閉める、の動作がなくなることでストレスのない快適な暮らしを実現してくれます。

1-3.随所に収納を設けた間取り例

収納に困らない平屋の実現

随所に収納を設けた間取り例

居住者の感想 子供が大きくなった時のために収納を多く設けているのが特徴です。プライバシーを確保するために、ホールを設けて生活空間をわけています。
世帯 夫婦2人+子供1人+ペット
坪数(延べ床面積) 28坪
間取り 平屋 2LDK
費用 約1,500万円

平屋の場合、生活空間を少しでも広げようと、収納スペースが不足するケースあがります。この間取りでは、各部屋に十分な収納を設置しているほか、玄関収納や納戸も設けており、収納に不足しません。また、LDKと個室をあえて遠くにすることで、28坪の平屋でもプライバシーを保てるつくりになっています。

1-4.家族がちょうどよい距離感で過ごせる間取り例

仕切りのないオープンな空間が印象的

家族がちょうどよい距離感で過ごせる間取り例

居住者の感想 仕切りがないため、玄関からLDK部分、その先の部屋までを確認することができます。このため、子供が何をしているのかがすぐ目に入るので安心です。
世帯 夫婦2人 + 子供1人
坪数(延べ床面積) 25坪
間取り 平屋 2LDK
費用 約1,500万円

小さな子供がいる場合、子供がどこにいるかを一目で把握したい方も多いでしょう。そんな時は、LDK部分に隣接する部屋の仕切りをなくすことで、どこに誰がいるかを一目で確認することができます。室内は無垢材を使用し、子供が走り回っても足に優しいつくりになっています。

1-5.くるりと回れるLDKで動きやすい間取り例

勾配天井と天窓でフレッシュな空間を実現

くるりと回れるLDKで動きやすい間取り例
居住者の感想 リビングを中心にぐるぐると移動できる導線が整っているので、とても動きやすいです。LDKには天窓から光が差し込み、過ごしやすい空間になっています。
世帯 夫婦2人
坪数(延べ床面積) 25坪
間取り 平屋 4LDK(+ランドリールーム+ウォークインクローゼット)
費用 約約1,900万円

平屋の中心部は光が差し込みづらく空気循環も悪くなってしまいがちですが、天窓と勾配天井にすることで、開放的で光と風の通る空間になっています。平屋と相性のよい太陽光発電システムを搭載したことで、自然にもお財布にも優しい平屋を実現しています。

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

2.平屋25坪の費用相場

2-1. 25坪の平屋の費用相場は?

平屋25坪の費用相場はローコストの平屋であれば1,000万円程度東京23区内やハイコスト住宅であれば3,000万円程度になることもあります。

25坪の広さは82.7㎡。一般に家族4人で住むのに90㎡が必要になることを考えても、間取りを工夫することで3〜4人家族で住むことも可能です。

2-2. 25坪の平屋を注文住宅に依頼した際にかかる費用シミュミレーション

今回は広さ80坪程度の土地に、1LDKの平屋25坪を建てる場合の費用シミュレーションをしてみましょう。せっかくなら平屋に薪ストーブを取り付けたい!という方もいると思いますので、薪ストーブを備えつけたケースで以下費用を試算します。

【例】平屋25坪の2LDKを建てた場合(薪ストーブ付き)

建築費用合計:約2,630万円

<内訳>

  • 建築本体工事費:約1,771万円
  • 付帯工事費、別途工事費:約506万円
  • その他諸費用:約353万円
  • (内、薪ストーブ:100万円)

※あくまでもシミュレーションです。お住まいの地域の土壌によって変動するのでハウスメーカー・工務店に確認しましょう。

以上、25坪の注文住宅の費用目安をご紹介しましたが、家を建てる際に必要な費用の内訳や目安について知りたい方は、下記の記事も併せてご覧ください。

3.理想を叶えるためにチェックすべき平屋25坪の失敗例と注意点

3-1.【計画段階】プライバシーが守られていない

子供が友達を呼べない家

家族間のコミュニケーションを円滑にするため、玄関からリビングを通らないと各部屋に行けない間取りにしています。しかし、子供が友達を連れてくる際には必ずリビングを通らなければならないので、子供が友人を連れてきづらいと言っています。また、親としてもリビングがきれいになっているかをチェックしなければならないため、手間になっています。

注意点:一室はリビングとは離れた位置にすることも必要

コミュニケーションを取りやすい間取りにすると問題になるのが、プライバシーです。子供が小さいうちは、全体が見渡しやすい間取りがおすすめですが、大きくなった時のために、リビングとは動線が離れた部屋を用意しておくのも有用です。

3-2.【計画段階】部屋の日当たりが悪くジメジメしてしまう

平屋の中心部と一部の廊下に日が当たりません

生活動線を重視した間取りで平屋を建てたのですが、採光の悪い間取りになってしまいました。常に光が当たらない箇所ができてしまい、その場所だけ常にジメジメするようになってしまいました。部屋の日当たりについて先に考えておくべきでした。

注意点:広い平屋ほど間取りを工夫する

平屋は建築面積が広いほど、建物から屋外までの距離が長くなるため日の光が入りづらくなります。このため、日当たりが悪そうな場合はL字型、コの字型の間取りにする。採光が必要ないウォークインクローゼットを中心部に添えおくなどの工夫が必要です。

3-3.【生活面】防犯面が心配

外から侵入されてしまうのではと心配になります

せっかく平屋にしたので、開放感を出したいと考えリビングには大きな窓を設置しました。部屋に光が差し込む素敵な空間にできたと思います。しかし、一方で夜に大きな窓から侵入されてしまうのではないか、と心配することも増えました。

注意点:センサーライトの設置を検討する

平屋は一階建てのため、窓の位置が二階建ての建物と比較すると低くなります。特に、大きな窓をリビングに設置している場合は、防犯面の心配も大きくなりがちです。計画段階であれば、コートハウス型にすることで、防犯面を強化することができますが、既に建設されてしまっているのであれば、センサーライトの設置を検討しましょう。

センサーライトは2,000円〜7,000円ほどで購入できるため、設置場所に合わせて適切なものを選んでください。

3-4.【計画段階】ものを収納するスペースが足りない

子供が大きくなりものが増えました

25坪ということもあり、収納スペースを増やすよりも、廊下を短くし部屋の生活スペースを広げることを重視しました。その結果、子供が大きくなるに連れて収納場所がなくなり、部屋にものがあふれることが増えました。

注意点:収納スペースには余裕を持つ

子供が小さい場合には収納スペースはそれほど必要ありませんが、成長する上で必要になるものが増えます。このため、将来ものが増えても対応できるように、収納スペースはあらかじめ多くとっておくことをおすすめします。また、ロフトを収納スペースとして使うのもよいでしょう。

25坪の注文住宅の失敗例を見てきましたが、夢のマイホームを建てるなら「絶対に後悔したくない」ですよね。以下の記事では、新築の注文住宅でよくある失敗例と後悔しないための対策をご紹介しています。併せてご覧ください。

4. 25坪の平屋を建てるのにおすすめのハウスメーカー3つ

4-1.トヨタホーム株式会社

トヨタホーム株式会社は、トヨタ自動車のグループ会社です。湿気による住宅の劣化を防ぐために採用した「スマートエアーズ」では、除湿・加湿の両モードで部屋の湿気を管理しています。カビの発生、臭いを抑える技術に自信を持っている会社のため、住みやすい平屋を建てたい方におすすめできる会社です。

理想の平屋

「理想の平屋」が実現するのは、リビングからとひと続きのウッドデッキです。子供がリビングから庭へ直接行き来でき、庭で遊んでいる子供や自然を見るのがひとつの楽しみになるでしょう。木の温もりをいかした平屋が「理想の平屋」で実現します。

トヨタホーム ホームページ

4-2.ミサワホーム株式会社

ミサワホームは、保証期間が長い安心のハウスメーカーです。「南極移動基地ユニット」も手掛けたミサワホーム株式会社は、頑丈な家を建てることでも強み。長く安心して暮らしていきたい方にはおすすめのハウスメーカーです。受け継がれる日本の暮らしと最新の技術により、高品質で資産価値の高い住まいを提供してくれます。

SMARTSTYLE A HIRASYA

コンパクトな佇まいながら、広々と過ごせる「SMARTSTYLE A HIRASYA」には、荷物を多く収納できる「蔵」が付随しています。「安全」「健康」「快適」を商品の強みとしているため、誰でも長く平屋に住むことができるでしょう。

ミサワホーム株式会社 ホームページ

4-3.三井ホーム株式会社

木造の平屋を建てるのであれば、万が一の火災に気を付ける必要があります。その点、三井ホーム株式会社は内部火災を自然鎮火しやすくする技術「プレミアム・モノコック構法」を採用しているため安心です。また、広さの基準を面積ではなく、体積でとらえるので、限られた25坪のなかでも、ゆたかな空間を実現してくれます。

More Story

独自の屋根断熱材「ダブルシードパネル」を採用したMore Storyは、昼や夜も快適な温度に室内を保つことができます。また、平屋にありがちな採光の悪さに対応するため「ハイサイドライト」や「トップライト」を採用。家中が明るく見えるため、和気藹々とした家庭を実現できます。

三井ホーム株式会社 ホームページ

【無料】かんたん3分で登録

【全国対応】HOME4U「家づくりのとびら」経由で
ご契約の方全員に
Amazonギフト券(5万円分)贈呈中!

まとめ

25坪に平屋を建てるならどんな間取りがあるのか、参考に5つの間取り事例のご紹介と、費用の目安や失敗からわかる注意点、おすすめのハウスメーカー・工務店までご紹介してきました。

理想の住まいづくりには、いろいろな間取りを見ることがおすすめです。この記事と併せて、以下の記事もぜひ参考にしてくださいね。

25坪の平屋でおすすめの間取りは?

この記事では、平屋25坪間のおすすめ間取り例5つをご紹介しています。

25坪の平屋の費用相場は?

平屋25坪の費用相場はローコストの平屋であればおよそ1,000万円~。

具体的な費用シミュレーションもご紹介しているので、「2.平屋25坪の費用相場」を参考にしてください。

25坪の平屋の失敗例を知りたい

3.理想を叶えるためにチェックすべき平屋25坪の失敗例と注意点」では、以下の4つの失敗例とその対策を解説しています。

25坪の平屋を建てるのにおすすめのメーカーは?

この記事では平屋を建てるならおすすめのハウスメーカー3つとその理由をご紹介しています。

25坪に平屋を建てたい方は、ぜひこの記事を参考に、理想の住まいを実現させてくださいね。

間取りプラン一括依頼で
複数ハウスメーカーを比較!

こだわりの間取りで家を建てるなら、実際にハウスメーカーから「間取りプランを提案してもらうこと」が一番です。

そんな方におすすめなのが、「HOME4U 家づくりのとびら 間取り作成依頼サービス」です。

スマホから必要事項を入力するだけで、あなたのご要望に沿ったハウスメーカーを複数社ピックアップ。
気になるハウスメーカーを最大5社までお選びいただくと、【完全無料】で間取りプランを一括依頼することができます。

この記事の編集者

「家づくりのとびら」編集部

NTTデータグループが運営する注文住宅相談サービス「家づくりのとびら」編集部です。難しい住まいづくりの情報を、わかりやすく正確にお伝えします。記事は不動産鑑定士や宅地建物取引士などの不動産専門家による執筆、監修記事がメイン。初めての住まいづくりをサポートします!

運営会社情報(NTTデータスマートソーシング)